子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行京都 ≫ 善峯寺のあじさい苑・2015

-善峯寺のあじさい苑・2015-


このエントリーをはてなブックマークに追加

紅葉で有名な善峯寺(よしみねでら)にはあじさい苑があります。

yoshiminedera016

京都には、三室戸寺という有名なあじさいスポットがありますが、またちがった趣のあじさい苑でとってもきれいでした。


スポンサーリンク


善峯寺へのアクセスはこちらをどうぞ>>善峯寺の紅葉

紅葉のシーズンよりもすいていて、三脚の持ち込みも可(2015年6月現在)。のんびり紫陽花を眺めるには本当にいいお寺です。

yoshiminedera006

神経痛、腰痛の祈願所でもあります。善峯寺の境内は広く、紅葉がきれいにみえるところとはちがうところに紫陽花苑があります。

yoshiminedera017

あじさい苑の中に入ると、幸せをまねくお地蔵さん、”幸福地蔵”がありました。近くまでいくと、”他の人のために祈りましょう”とかいてあり、いいことだな~と思いながら合唱。

このお地蔵さんがいるところが清水の舞台のようになっていて、下をみると一面のあじさいの花畑。それをみたとたん、周りの人が口ぐちに「うわ~」と驚嘆する声が。

私も思わず叫んでしまいました。こんなあじさい畑みたことがない!!

ミッキーや雪だるまのかたちをした紫陽花

紫陽花は、最近では、あたらしい品種が数多くでてきていますが、善峯寺のあじさいは、ごく普通の昔ながらのあじさい。

ピンクと水色がほとんどでした。中には少しだけガクあじさいもあります。

ハートの紫陽花というのが世間でもよくみかけられているようですが、ここではミッキーの形や雪だるまの形の紫陽花をみかけました。

   

ふわふわエアリーな紫陽花

あじさい苑へ行くには、路線バスなら1時間に1本しかないためか、そんなに人がいなくて、写真好きらしき人がじっくりと撮影していました。

その横で、光が良く差し込んでいて、ふわふわで女性らしい紫陽花が撮れました。

   

紫陽花を青の世界で

同じ風景を青の世界で・・・。

京都の観光地などは、雑誌やテレビで何度もみたことがある風景が多く、いっても、人ゴミであふれかえっていることが多いですが、ここは、本当にみんなが、”こんなにいいとは思わなかったわ~””きてよかったね~”という声があちこちからきこえる京都の穴場的スポットでした。

子育てをするときに、”女の子なら、お花にいっぱいかこまれて育ててあげて”といわれたときがあるのですが、本当、こどもを連れて行くと情緒が深まりそうです。

ぜひ、紫陽花の季節に善峯寺にいってみてください。

     

善峯寺公式サイト

京都市西京区大原野小塩町1372

入山時間 午前8時~午後4時45分

入山料  大人500円 高校生300円 小・中学生200円

駐車場 普通車500円

       

紫陽花の見頃は6月中旬ごろ~

紫陽花以外には、国指定の天然記念物 遊龍の松、桜、新緑、平戸つつじ、ぼたん、しゃくやく、さつき、シュウメイギク、紅葉、南天、さざんか、椿、梅

境内からの眺望は京都随一で開山堂、釈迦堂、薬師堂からは京都市内を一望。





スポンサーリンク


トップページへ戻る

京都リスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-