子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ホテル宿泊体験レポート ≫ 東光園(皆生温泉)宿泊体験レポート

-東光園(皆生温泉)宿泊体験レポート-


このエントリーをはてなブックマークに追加

P1200139.JPG2012年10月8日(土)3連休の初日に、鳥取県の皆生温泉の東光園に宿泊しました。

予約は楽天トラベルで。楽天トラベルは楽天ポイントが使えるので、結構ポイントがたまっている私にはお得な旅行ができました。

楽天ポイントをふだんからためておいて、旅行に使うのは楽しいですよ。


スポンサーリンク


東光園に決めたポイントは、大山と米子空港から近い、値段が安いということです。

1日目は大山であそんで、ここへ宿泊したのち、次の日には米子空港へおじいちゃん、おばあちゃんを迎えにいかなくてはならなかったので、アクセスも重視しました。

そして、3連休ということもあって、どこも値段が高く設定されていましたが、こちらは比較的安く、

朝夕バイキング、お部屋までの案内はなし、ふとんも自分でひくというプランでしたが、大人9800円、小学生は大人の70%と他の宿とくらべると格安で、ここに決定。

この日は朝早くに大阪を出発し、大山で乗馬をし、アスレチックで遊んだあと、トムソーヤ牧場で動物とふれあい、夕がた17時ごろに宿に到着しました。

皆生温泉自体はおもったよりずっと都会で、近くにも飲食店はありますし、大山からこちらへむかう途中に大きなイオンもありますから、こどもの服がたりなくなった・・といっても買うこともできます。

宿に到着すると、男の人が迎えにきてくれて、ロビーまで荷物を運んでくれました。

そこから、お部屋までは自分たちで荷物をはこびます。格安プランだし、宿のクチコミも今ひとつだったので、心配していましたが、おもったよりずっといいホテルでした。

お部屋は1階の海側。

松の木のむこうに海がみえて、『もっと高層階だったら、景色がいいだろうね~』と話していました。

P1200124.JPG

部屋は12畳ほどで、広くて、そうじもいきとどいていましたが、古さは感じました。

でも、私たちにはこれで充分。

お茶菓子もおいてあり、子供用の浴衣もおいてありました。

早速お風呂へいきます。

P1200146.JPG脱衣所はこんな感じ。男女入れ替え制なので、もう一個のほうが大きかったですが。

脱衣所には、冷水がおいてあり、体重計、化粧水、乳液、ふきとり用のクレンジングなどアメニティも。

ロッカーはじぶんで暗証番号を指定して しめるので、わざわざかぎを持ってい入る必要もありません。

 

P1200145.JPG

温泉。ここがクチコミでいまいち不評だったので、心配していましたが、シャワーの水圧が悪いとか、温泉にゴミがういているとか、ぬるいとかいろいろかかれていましたが、シャワーの水圧は改善されていて、お風呂のゴミは湯の花であったことが、クチコミの返事でかかれていたし、お風呂にもそうかかれていましたので、安心できました。

ぬるいというのは、たしかに、露天風呂一番奥から水がわきでていたので、そこはぬるかったですが、あつい湯がでているところもあり、逆に好みであつさが選べるので、よかったです。

きちんとした温泉の場合、子どもだと熱くて入れなかったということも多々ありましたが、このぐらいのほうが、子どもでも安心してはいれます。

ひろいお風呂にこどもたちはよろこんでいました。

P1200126.JPGお風呂からあがったところに漫画や本がよめるスペースがあります。特に漫画はいっぱい。

男湯と女湯の待ち合わせ場所にはよかったです。

P1200128.JPG夜ごはんはバイキング。こちらもクチコミではヘルシーバイキングで、成人男性には、物足りないとかかれていましたので、主人にはどうかな?とおもったのですが、満足できたようでした。

手羽先や魚は目の前でやいてくれて、天ぷらもその場であげてくれていたので、サクサクのままたべれて、あと、まつたけやきのこを炭火でやくスペース、かぼちゃのスープにカボチャコロッケ、サラダ、おばんざい多数、おさしみ、おとうふ、地元の味噌汁のようなものもとってもおいしかったです。

私の口にはあって、満足。こどもたちが喜んだのは、デザートの豊富さでした。

P1200129.JPGアイスクリーム6種類が自由にとれて、わらびもち、チーズケーキ、他ケーキ、マンゴープリン、ぜんざいなどたくさんのデザートがありました。

飲み物もカプチーノ、コーヒー、紅茶、体にいいお茶3種など健康にきづかってくるような飲み物も・・。


べおわったら、食器を自分でかたづけなければならないという負担はありましたが、『これで一万円以下なら安いんじゃない』

と主人もいっていました。

P1200136.JPG夜ごはんにおいてあった、健康茶はロビーにも常設。

結構おいしかったです。

P1200138.JPG宿泊者も有料ですが、大露天風呂 もあります。私たちは入らなかったけど、見に行きました。混浴で、専用の着衣をきて入るのですが、手をつけてみたら、とってもぬるくて、入ってる人も『ぬるい』といっていました。

とってもひろいので、よっぽど熱くするか、真夏じゃないと寒いかもしれないですね。

ただ、ゆけむりがあがる景色はとてもきれいでした。

P1200140.JPGロビーにも雑誌や新聞がおいてあり、手芸の本や 観光ガイド的な本もたくさんおいてあったので、ここでゆっくりよみ、次の日の観光についてしらべました。

このうしろにおみやげものやさんがありますが、種類も豊富でにぎわっていましたよ。

P1200144.JPG朝ごはんもバイキング。夕食よりさらにヘルシーでしたが、最近和食ごのみの私には、よかったです。少しですが、パンもあります。

おかゆが五穀がゆ、など3種あり、朝から胃にやさしくてよかったです。

総じて、クチコミの不評をよんで期待していなかっただけに、逆によかったとおもいました。

でも、おそらく、この東光園は、昔はかなりいい宿だったみたいで、その期待に胸をふくらましてくるお客さんが多いのだと思います。

昔はこの格安プランもなかったんでしょうね。

わたしのように最初からしらなくて、値段にあうかどうかを考えて泊るなら、いい宿だと思います。

しかも、子連れでもわいわいがやがやしたバイキング会場で食べれるので安心。

食事会場横に大きなつみきなどで遊べるキッズスペースや、温泉のちかくにこどもの絵本がおいてあるあなぐらという部屋もあり、子連れにもやさしい宿だと思います。

大山からも近く、宿からもばっちりみえました。さらに目の前は海。

次回は海水浴に来たいとおもいました。

東光園
鳥取県米子市皆生温泉3-17-7

楽天トラベル ・ じゃらんnet ・ 一休com ・ Yahoo!トラベル

 

 

その他の鳥取の宿はこちらから

※情報は2011年10月現在のものです。なるべく更新するようには心がけていますが、実際の情報はそれぞれのリンクページでご確認ください。

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ホテル宿泊体験レポートリスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-