子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行和歌山 ≫ 南紀白浜 三段壁洞窟

-南紀白浜 三段壁洞窟-


このエントリーをはてなブックマークに追加
白浜は、アドベンチャーワールドや白良浜での海水浴など遊べるところはありますが、ここぞ観光ってところはあまりないようです。
数少ない南紀白浜の観光スポット 三段壁洞窟に行ってきました。
三段壁洞窟は、屏風のように濃い緑色の海に立つ高さ60メートルの絶壁。そのしたにある海蝕洞窟です。

三段壁洞窟へのアクセス・駐車場

三段壁洞窟は、白良浜から車で10分ほど。ホテルシーモアの近くです。
駐車場は、お土産屋さんの駐車場で3時間500円、おみやげを1000円以上購入すると、駐車場代が無料になります。


スポンサーリンク


三段壁洞窟へはエレベーターで

車を駐車場に止めると三段壁洞窟の方へとすすみます。
sanndanheki016.JPG
こんな建物が入口です。洞窟はこの建物のエレベータに乗って、地中36メートル降りてみることができます。
洞窟入場料が、大人1,300円、こども650円
営業時間は 8:00~17:00 年中無休です。
地中36メートルときいて、小学生の娘たちは”こわ~い”といったのですが、エレベータは普通の建物と同じで、ついたところは・・・
sanndanheki001.JPG
こんな空間でした。暗い洞窟を想像していたので、こんな撮影スポットにちょっとびっくり。

洞窟の中のようす

sanndanheki002.JPG
洞窟の中は、薄暗くて涼しい。夏は涼感スポットとしてもいいのではないでしょうか?
sanndanheki010.JPG
洞窟の中には、1周約200mの通路があり、水の神様、神社仏閣の守護神ともいわれる牟婁大弁財天が祭られています。
その他、熊野水軍番所小屋が再現されています。
熊野水軍とは、”源平合戦”で源氏に加勢し、源氏の大勝利に多大な貢献をしたといわれています。長い歴史を感じますね。
 
sanndanheki012.JPG
洞窟内には、海からザバーーン、ザバーンと海水と波がおしよせ、その音が結構迫力があり、恐ろしくもあります。
sanndanheki013.JPG
真ん中に見えるのが、潮吹き岩。洞窟の対岸にあり、打ち寄せる波の圧力でくじらのように数メートルまで潮を噴き上げることがあるそうです。
この日はそこまでの波がなくて、音だけがすごかった。
五感で大自然の驚異を体感することができます。

サスペンスにでてきそうな三段壁も迫力

sanndanheki005.JPG
三段壁はまるで福井の東尋坊のような断崖絶壁。他の観光客の人たちも”サスペンスにでてきそうなところだな・・・”と言っていましたがやはり自殺の名所でもあるそうです。
上からみると断崖絶壁、下に降りると、波が洞窟に流れ入る勢いにスリル満点スポットです。

三段壁洞窟 に行った感想

子連れで白浜でいける観光スポットはないかな・・と思っていったのですが、あまりこどもには響かなかったみたい。
エレベーターも普通のエレベーターですし、降りた洞窟は薄暗くて、ザッバーン、ザッバーンという打ち寄せる波はすごいけど、怖い。
熊野水軍といわれてもピンとこないこどもには、あまりおもしろくなかったみたい。
上には、足湯もあり、風景を楽しむ大人のスポットかも。
洞窟内は1周200メートルで10分ほど見学したら、終了。1300円で結構高いので、う~ん、一度みたらいいかな、って感じのスポットでした。
こどもは、このあと行った、エネルギーランドの方がよっぽど喜びました。
※2014年4月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

【白浜関連記事】





スポンサーリンク


トップページへ戻る

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-