子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ホテル宿泊体験レポート ≫ 五龍館(八方)宿泊体験レポート

-五龍館(八方)宿泊体験レポート-


このエントリーをはてなブックマークに追加


P1120609.JPG
八方温泉 ホテル五竜館


2010年12月30日~2011年1月2日に長野県の八方温泉にあるホテル五竜館に宿泊しました。
このページはその時の管理人の体験レポートです。
(※2013年12月31日から2014年1月3日に再度宿泊し、一部訂正しております)

五竜館は八方尾根スキー場の名木山(なぎやま)ゲレンデから徒歩5分駅からも車で5分ほどの好アクセスのホテルです。八方尾根スキー場で3世代、4世代でファミリーにおすすめの宿です。


スポンサーリンク


宿選びは9月頃からはじめました。
私たちは、私の祖父、私の家族(夫婦+子供2人)、兄の家族(夫婦+子供2人+甥っ子)、私の両親の総勢11人(4世代)でスキー旅行へ行くことに。祖父と私の母はスキーをしないので、いつも行く民宿より少し大きなホテル昼間も温泉と館内で退屈しないような宿を探しました。
祖父は足腰が弱いので、ベッドがある部屋があること。料理は洋食ではなく日本料理が食べれるところ、で検索したところこの『ホテル 五竜館』を見つけました。

いろんな旅行サイトを調べてみたところ、9月の時点ではまだお正月プランは販売されておらず、お正月の予約は公式HPで10月1日から電話予約で受付していました。
10月1日午前10時からだったので、10時に電話してみたところ、話し中。何度か掛けなおして予約をとることができました。

料金は12月30日で 大人1泊2食16,275円、小学生のこども1泊2食6,825円。
部屋は南館洋室(ツイン)を1部屋と 本館和室12.5畳1部屋をとりました。

祖父のためにベッドがある部屋がよかったので、2部屋になってしまうのはしかたがなかったのですが、『一緒に旅行に行っているので、できるだけ近い部屋にしてください』という希望はかなえてくれました。

そして、12月30日 JR白馬駅に到着しました。事前にお迎えをお願いしていたので、駅のロータリーでバスが待っててくれました。バスにのって、宿までは約5分。宿の玄関横付けで到着してくれたので、祖父が雪ですべる心配もなく、安心でした。

 

P1120610.JPG12時50分ごろ到着。↑入口はこんな感じ。入口からみた風景が一番トップの写真です。雪景色が広がってとってもきれい。
チェックインは3時からなので、子供たちとおばあちゃんは雪遊び。大人はスキーへ行くことに。
雪遊び用のお砂遊び道具や大人の長靴は無料で貸してもらえたそうです。

地下に男女別の更衣室があり、事前に送っておいた宅急便も地下に届いていたので、便利でした。レンタルスキーは地下にショップが併設されているので、サイズさえあれば、すぐに借りることができます。
しかもレンタル料金が激安!こども2人、4日間借りて8,000円でした。⇒レンタル料金はこちら

荷ほどきをしている間にこどもたちのレンタルスキーが借りれました。

早速ゲレンデへ。ゲレンデまでは徒歩5分。午前中なら8時、8時半、9時、9時半・・・と30分ごとに名木山名木山ゲレンデまでの送迎バスがあります。帰りも3時半から30分ごとに送迎あり。
これが結構助かります。子供と一緒にスキーをかついで5分歩くのは結構大変です。

リフト券はホテルのフロントで割引価格で購入することができます。チケット売り場が混んでいたので、あらかじめ買っていくと便利ですよ。

 


P1120571.JPGスキーの話は八方子連れスキー体験レポートを参考にしてくださいね。

スキーの乾燥室には部屋ごとにロッカーがあって、手袋などの小物もつりさげるコーナーがあります。
乾燥室には洗濯機と乾燥機(コインランドリー)があり、服をすぐによごしてしまう子連れ旅行にはやさしいと思いました!ちなみに洗剤は売店で50円で売っています。

使えた身体を癒しにまずは温泉へ。

宿によっては写真はよかったのに~ということもありますが、五竜館は、写真どおり、それ以上によかったです。子供たちがとっても喜びました。源泉掛け流しでお肌ツルツル


 

P1120557.JPGこの露天風呂すごいでしょう~。桶に雪をいれて、『溶けるかな~』と湯船にうかしてみたり、
男風呂にいとこがいることを確認して、雪合戦したりしていました。
男風呂では他のお客さんも喜んでやっていたみたい。雪見風呂は朝がさらに最高でした。

P1120555.JPG露天風呂のむかいにあるのが、フィンランド風サウナ。外から行くので少々寒いですが、中であったまってこの雪景色にでるのは本当に気持ちいい~♪

お風呂には、炭洗顔フォーム、韓国せっけん、かかとがすべすべになるもの、泡パック、豆乳シャンプーなどアメニティも充実していました。さらに洗面所には、洗い流さないトリートメント他、アトピー用、乾燥肌用、全身用他5種類の化粧水、BBクリームもおいてあって、温泉効果とあいまってお肌すべすべになりました。
一日2、3回温泉に入って、本当に気持ち良かったです。温泉がメインの祖父もかなりの満足だったようです。本当によかった!

P1120547.JPG温泉からあがると、ロピーにはおやつコーナーが。
15:00~18:00までお味噌汁とお汁粉が自由に飲めました。
これに、また祖父は喜んでいま
した。
さすが信州、味噌はおいしいですね~。

P1120546.JPGさらにこの宿のいいところが、このお水コーナー。効能がちがって全5種類。
腰痛、肩こり、イライラ、ストレス、デトックス、疲労他いろいろあって、
スキーで疲れたから腰痛を飲もうっと・・・とみんなそれぞれに楽しんで飲んでいましたよ。
長女にはいつも『イライラするんじゃない』と言っていたからか、『ママ、わたし”イライラ”を飲んでおいたよ』ってニコニコして言っていました。
ちょっと笑ってしまいました。水もおいし~

P1120544.JPG12月30日のイベントで、夕方ロビーでもちつき大会がありました。社長自らついていて、”つきたい人は誰でもどうぞ~”といわれたので、こどもたちもつかせてもらいました。みんな、”よいしょ~ よいしょ~”と掛け声をかけて宿全体が一体化した感じ。
仕上げはおばあさんがやってくれて、あんこ、きなこ、だいこんおろしの3種類のつきたてもちをたべることができました。
つきたてもちを食べるのは久しぶりと祖父と父が喜んでいました。
だいこんおろしのおもちははじめて食べたのですが、おいしかったです。

P1120549.JPG18時からは夕食です。基本は創作和食
おさしみ、サラダ、鍋(日替わりで鳥、ふぐちり、ブタ)、蒸しもの、、てんぷらなどなど・・・食べきれないほどの量でした。

プランによっては小食プランっていうのもありました。


 
P1120548.JPGこどもの料理はこんな感じです。小学生向け料理。こどものすきなものばっかり定食です。この弁当のほかに、ビーフシチューやピラフなどもついていて、これまた食べきれないほどありました。

ここでお部屋の紹介。大人4人、こども3人は12.5畳の本館和室に泊まりました。

 

P1120536.JPG子供がいて、乱雑になってしまいましたが、こんなお部屋。12.5畳の他、2畳ぐらいのスペースにテーブルといすがあり、お風呂、トイレ、洗面所それぞれ比較的スペースがあり7人でもきゅうきゅうということはありませんでした。ふとんは7つ敷いてもらいましたが、まだスペースに余裕がありました。

浴衣、歯ブラシ、タオル、ドライヤー、冷蔵庫がついています。お部屋は毎日掃除してくれて、布団の上げ下げもしてくれます。こどもの浴衣は身長100㎝くらいのワンサイズのみ。大人用は150~180㎝くらいまで。

P1120537.JPGおふろはユニットバスではなく、湯船があります。
洗面所もひろびろとしていて、7人が行き来しても大丈夫でした。

お部屋にはロビーにおかしコーナーがあるため、お迎えの茶菓子はありません。ポットがついていて、お茶はわかせられて、持ってきたお菓子などでゆっくりお茶が飲めました。

 

P1120561.JPGこちらは祖父と父がとまった南館洋室のツイン。この広さで2人はかなり広いと感じました。11人がお茶をのんだり、トランプをしても十分な広さでした。
こちらの部屋のおふろはシャワーのみ。
本館とは反対方向にあるため、景色がとってもよく、名木山ゲレンデがみえます
この景色が気にいったと祖父が言っていました。
部屋に長くいる時間もながいので、そう言ってもらえてよかったです。

ナイターの様子も見えました。ゲレンデナイター風景はきれいですよね。そして、12月31日には、カウントダウン花火があり、テレビをつけて一緒にカウントダウンしていたら、目の前でドーンと大きな花火が5発ほどあがって、感激しました。
寒い中、車や徒歩でゲレンデに向かっていく人がいたので、暖かい部屋でみれたのは本当にラッキーでした。

 

P1120574.JPG朝ごはんは1階ダイニングレストランで和洋バイキング。↑これは1月1日の朝ごはん。
お正月らしく、黒豆、きんとん、かまぼこ、たづくり、中華ちまきなど他にもいろいろありました。

左下にうつっているのが、手作りどうふ。その上に大根おろし、しょうが、ねぎなどをてんこもりにして食べるのがおいしかった~。こどもたちはパンやウィンナー、卵などを好きにとって食べていました。
バイキングに喜んでいましたよ。

P1120606.JPG朝ごはんや夜ごはんを食べるとき、子供たちの方が早く食べ終わるので、先にロビーへいって待っていました。
ロビーには、本棚があります。

P1120608.JPG次女は絵本が好きなので、ずっと読んでいました。
フロントでトランプもかしてもらえたので、ここでやっていました。

ダイニングレストランが横にあるので、常にソフトクリームやコーヒーなどはこちらでいただくこともできます。ソフトクリームはかなりおいしくて、クッキー&クリームが一番人気♪祖父もここで、新聞をよんでお茶を飲んでいたようです。

3泊4日お世話になりましたが、とってもいい宿でした。
子供だけじゃなく、私たち大人も、おじいちゃんもおばあちゃんにもやさしい宿でした。
ゲレンデまでが近い上、さらに送迎もしてもらえ、お部屋も清潔だったし、いろんな場所に楽しめるように工夫がされていてよかったです。

今回、もちつき大会のイベントがありましたが、クリスマスには、サンタクロースがプレゼントを配るサービスがあったり、白鳥を見に行く無料ツアーがあるときもあるようです。

他にマッサージやエステもありました。マッサージは部屋によぶことができるのですが、祖父がよぼうとしたところ、予約でいっぱいでした。スキー場で、みなさんたのまれているみたいで、早めの予約がいいようです。

帰る日もありがたかったです。
スキーをして、11時半ごろ宿にもどってきましたが、いままで泊まっていた宿では、チェックインアウトからチェックイン時間まではお風呂はやってなかったことが多かったのですが、五竜館はお風呂の掃除が10時から11時半で、お風呂に入ってから帰ることができました。しかも無料です。

駅までもバスで送ってもらえますが、おそばを食べて帰ろうと”駅に近いおいしいおそばやさんはありますか?”ときいたところ、そのおそばやさん(そば神)までバスで送ってもらえました。
本当に親切で楽しいお正月旅行を過ごすことができました。
今度は夏にも行ってみたいです。

五竜館は八方温泉に家族で行くのにおすすめの宿です。

 
ホテル五竜館
〒399-9300 長野県北安積郡白馬村白馬八方温泉
TEL:0761-72-5011 FAX :0261-72-5383

どの世代にもおじいちゃんおばあちゃんからこどもまで、満足できる宿です。お正月は公式ページから予約した方が確実でしたが、ふだんは旅行サイトごとにお得なプランがあります。

予約可能サイト
  じゃらんnet  JTB  Yahoo!トラベル  楽天トラベル
  

 

【関連記事】
子連れで行く八方温泉の宿・・・五龍館以外の宿が探せます

八方子連れスキー体験レポート2011・・スキー体験レポはこちら

子連れで正月スキー準備&体験レポ2014・・2011年とは様変わりスキー体験最新レポはこちら

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ 





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ホテル宿泊体験レポートリスト

カテゴリーリスト

Google+
八方尾根便利サイト
八方尾根スキー場公式サイト
八方インフォメーションセンター

八方のイベントスケジュール2014
1/13 すのっちゃお 祭り
2/16 八方尾根 火祭り
3/17 キッズフェスティバル
4/14 八方スプリングフェスティバル


八方のレストラン
■イエティ(うさぎ平テラス2F)
信州B級グルメ“山賊焼き”など多彩な料理スタイルのリゾートレストラン

■ベーカリーカフェ(うさぎ平テラス1F)
オーダーを受けてから焼く黒毛和牛100%のハンバーガー、焼きたての創作パンなど

■スノープラザ咲花
目の前で焼き上げるHAPPOバーガーが一番人気

■サンテラスパノラマ
郷土料理“おひょっくり”や手作り料理。味噌ラーメンがおいしい。

■カフェテリア黒菱
インド、欧風、タイなど数種類のカレーが選べるセット他ロコモコなど。

■カフェ&レストラン ピラール
フルサービスのイタリアンレストラン
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-