子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ホテル宿泊体験レポート ≫ 【河口湖】おんやど吟景宿泊体験レポート

-【河口湖】おんやど吟景宿泊体験レポート-


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年4月4日(土)、河口湖の富士山が見える宿、おんやど吟景色に子連れで泊まってきました。

ginkei57

、富士山が正面からばっちり見えるこの宿は、河口湖北畔で、河口湖一番の高級宿うぶや、KUKUNAなどと並んだ位置にあり、その中ではコスパの高い宿というのが決め手。

あいにくの天気で富士山は見えなかったのですが、食事も温泉も接客もよく、子連れにもいい宿でしたよ。


スポンサーリンク


ウェルカムドリンクがおいしい

ginkei38

富士急ハイランドで夕方5時まで遊んでのチェックイン。あたりは薄暗くなっていたのですが、外で待っていてくれて、とりあえず、フロントのソファへどうぞと案内され、そこでゆっくり、ウェルカムドリンクの山ぶどうジュースをいただきながらのチェックイン。

その山ぶどうジュースがおいしくて。こどもが”おいしい~”と思わずいうほど。

スタンダード和洋室

ginkei1

お部屋まで案内してくれて、浴衣の説明。こどもたちは身長が150㎝近いこともあって、こども浴衣の一番多いサイズでも130までしかないけど、フロント横に色浴衣が無料なので、どうぞ自由に選んでくださいとのこと。

こどもたちはこれににんまり。今まで、あちこちで私が色浴衣を着ているのをとってもうらやましく思っていたみたいで、すぐ行こう!と張り切ってすぐ借りに行きました。色浴衣は他の人とかぶらないぐらい種類がいろいろあって選び放題。

   

部屋は、スタンダードの和洋室で、おそらく一番安い部屋ですが、平日一番安くて11,600円~そのお部屋が春休みの土曜日で大人一泊2食つきで19,000円。

私たちにしては、高級宿。部屋は広くてベッド2台にとなりに和室がつながっていて、そこへお布団を敷いてもらいました。部屋はきれいで、家族4人では広すぎるぐらいとってもくつろげます。

お茶は自分で入れる必要がありましたが、よかったのが、冷たいお水。冷たいお水が魔法瓶に入ってたんだけど、富士山のお水ってことで、おいしかったです。

ginkei44

天気が悪かったのですが、お部屋から見える河口湖はこんな感じ。本来なら、右上部分に富士山がどーんとあるはず(笑)。

本当に河口湖目の前の旅館です。

    

富士山が見える絶景温泉

(画像提供:じゃらんnet)

温泉はさらさら。内湯は岩風呂で、露天風呂からは富士山が見えます。そんなに広い温泉ではないのですが、サニーデリゾートよりは広く、ゆったりできます。

シャンプーも馬油シャンプーやPOLAのもの2種類置いてありました。

内風呂と脱衣所は同じフロアにあるのですが、露天風呂は、そこから階段をあがって最上階にあります。そこへ行くのに、はだかで行く必要があり、春休みとはいえ、朝晩は気温が低く、移動するのは寒かった~。

冬ならなおさら寒いと思います。内風呂からは富士山はみえず、お年寄りや足の不自由な方や、階段をだっこしてあがらないといけない赤ちゃん連れの人などにはつらいかと。また、お風呂の入口へいくまでもエレベーターから降りて階段がありました。

    

小学生二人の我が家には階段は、全く問題なかったのですが・・・雨で富士山がみえないのは本当に残念。それでも温泉は気持ちよくて何度もはいりましたよ。

    

種類も多く内容もいい夕食

ginkei24

夕食は、会席料理。きちんとおしながきがあり、最初から並んでいるものもありますが、あとからあとから運んできてくれます。

器も素敵で、見ためも味もおいしい。

春なので、季節の筍、富士桜ポークなど地のものなどをとりいれたおいしい料理、私はおなかがはちきれるぐらい、男性にも満足な量だったようです。

   

ginkei27

こどもたちはといえば、桜富士ポークのしゃぶしゃぶ、おさしみ、梅そうめん、茶わんむしなど大人と同じものもありましたが、真ん中にドーンとおこさまランチ。

ウィンナー、肉だんご、メンチかつ、グラタン、エビフライ。これ、小学生料理です。ボリューム満点でたべきれないほど。

     

温泉宿の朝ごはん

ginkei53

朝ごはんは大人もこどもも同じで、温泉旅館の朝ごはん。席についたら、ほうとうとお魚のシューシュー焼く音で目がさめました。あったかい朝ごはんいいですよね~。このあたり、ほうとうのお店がいっぱいあって行ってみたいなともおもいましたが、ココでちょっとたべれて満足。

前日は、朝食バイキングだったので、こういう朝ごはんもいいものだな~といいながら食べました。

いかそうめん、わさび漬け、明太子、お漬物、かまぼこ・・・とややごはんの友になるものが多いのとそれに加えて、干物、ほうとうなので、おいしいけれど、ちょっと塩分過多でのどが渇いたかな。

サニーデーリゾートと比べてどう?

前日は、サニーデリゾートに泊まりました。

>>サニーデリゾート宿泊体験レポート

サニーデリゾートは金曜日の平日で、大人一人9,800円、おんやど吟景は、休前日で19,000円だったので、同じ条件ではないので単純比較はできませんが、お値段の差はしっかりサービスの差としてでていて、それはそれでよかったです。

ginkei8

こどもにはかわいいこども用アメニティがついていたり

ginkei12

色浴衣は男性用、女性用があり、無料でした。部屋のアメニティの1つにたびソックスもついていました。素足では足が冷えるって人にはうれしいポイント。

ginkei13

サニーデリゾートにはお土産が少ししか売ってなかったけどおんやど吟景は立派なおみやげものやさんが。ただ、アイスは売ってなかった。。。

ginkei22

あと、ゲームコーナーがありました。でもこれ、ふつうの部屋にゲーム機と卓球台を入れただけの簡易のもの。

   

ginkei50

温泉にいくまでのアプローチは雰囲気があり、お花などがあちこちに飾られていました。チェックインのときもチェックアウトのときも丁寧に接してくれて、最後のお見送りは、車がみえなくなるまで手を振ってくれて丁寧でした。

    

ginkei20

こどもが一番喜んだのは、温泉と色浴衣。たしかにかわいい~。

富士山が見える宿に泊まってみれないと相当がっかり感がありますが、トータルとして満足。今度は絶対に富士山がみたいです。

<こども料金を安くするポイント
小学生のこどもがいるファミリーは、必ずるるぶとJTBを検討してみてください。るるぶとJTBはこども料金をこどもの年齢で決めるのではなく、こどもの食事内容で決めることができます。小学生でもお子様ランチでいいようなら大人の半額料金でいけます。宿の食事というのは、どこも多めに作られていることが多く、お子様ランチでも食べきれないほどの量があることもことが多いです。お子様ランチの内容を問い合わせて、いいようなら半額がお得です。

こちらから予約ができます





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ホテル宿泊体験レポートリスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-