子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行京都 ≫ 京都・十輪寺なりひら桜・2014

-京都・十輪寺なりひら桜・2014-


このエントリーをはてなブックマークに追加
JR東海の”そうだ京都、行こう”2014年の春に選ばれた京都の十輪寺の桜を見てきました。
2014年4月3日、ただいま満開でございます!!
jurinji039.JPG
“そうだ京都、行こう”1993年から行われているJR東海のキャンペーンですが、当初、銀閣寺や東福寺などメジャー中のメジャーをあつかっていたことを思えば、ずいぶんセレクトが渋くなったな~という印象。
でも、知る人ぞ知る、十輪寺の桜は1本で見応えがありました。


スポンサーリンク


十輪寺へのアクセス

十輪寺は京都市内からはやや離れた大原野にあります。

アクセスは、京都駅からなら東海道線にのって大阪方面へ 向日町下車、阪急河原町、烏丸からなら阪急京都線にのって阪急東向日駅下車。
そこから阪急バス65番系統に乗って約30分。
近くに駐車場はなく、道もバスとはすれ違えないほどの恐ろしく細い道なので、バスで行きましょう。
バスは、なんと1時間に1本。
バスの時刻も確認していてから行った方がいいと思います。
       

樹齢約200年のなりひら桜

ブラブラバスにゆられて30分、小塩(おじお)のバス停に到着。終点です。
jurinji002.JPG
バスを降りてすぐ、右の階段を上がったら十輪寺です。
jurinji005.JPG
拝観料は500円。中をぐるっとまわってでてくるので入口と出口は同じ。
桜だけ外でみたいという人は拝観料がいらないそうですが、やっぱり中から見る桜のほうがいいです。
jurinji009.JPG
入っていきなり中庭に1本のさくら。
これがなりひら桜です。推定樹齢は200年ぐらいだそうですよ。
桜の名所といわれるところでは、何本も何本も並んでいるところがありますが、この十輪寺の桜はこれ1つ。でもめちゃくちゃ存在感があります。
建物の中庭にこんなに立派に咲くさくらって私はみたことがありませんが、贅沢ですね~。
jurinji007.JPG
桜がある庭園は三方不堪の庭といわれ、寛延3年(1750年)につくられました。高廊下、茶室、業平御殿の3か所から場所を変えて、見る人にさまざまな重いをかんじさせるいやしのお庭です。
jurinji010.JPG
jurinji011.JPG
jurinji014.JPG
廊下をわたると・・・・・
jurinji017.JPG
対面に茶室や襖絵が見られます。
jurinji019.JPG
ひとつの桜なんだけど、いろんな角度から見えてそれぞれ違う表情なのが贅沢。

在原業平のゆかりのお寺

こちらの十輪寺は、平安時代の歌人”伊勢物語”の主人公、在原業平ゆかりのお寺です。
その晩年に隠棲し、塩焼の風流を楽しんだと伝えられています。
十輪寺のバス停の名前も”小塩(おじお)”ですが、この小塩の地名もこの故事に由来しているそうです。
jurinji028.JPG
裏山には、塩釜の跡や
jurinji025.JPG
古今和歌集に『世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし』と詠った在原業平のお墓がここにあります。
在原業平とか紫式部とか・・あまりに昔の人って実在の人物?とか子どもにきかれることがありますが、こうやってお墓をみると、実際にいたんだな~と実感。
子どもと行くには渋すぎるスポットですが、歴史や文学の勉強にもなり、1本の桜とともに印象づけられるのではないでしょうか?
jurinji029.JPG
業平のお墓から見える 上から見下ろす、なりひら桜もまたきれい。
jurinji032.JPG
お寺の外からみた桜の様子。建物の中からあふれでるようです。
jurinji039.JPG
出口から出ようと思ったら、お寺の住職さん(?)が、”そうだ京都、行こう”のポスターはここからとったんですよ! と教えてくれました。
同じ場所からとった写真がこちら。
実際には、同じ場所に3メートルの櫓をくんで、撮影されたそうです。
十輪寺がある、大原野は、京都でも有数の竹の子の名産地。
mukainouen008.JPG
しかも桜が咲く季節は、たけのこの旬の時期です。
たけのこ料理で有名なうお嘉さんも近く。なりひら桜と大原野のたけのこを食べに行ってみませんか?
【関連記事】
 京都桜穴場スポット大山崎山荘美術館・・・阪急でもJRでも・・同じ沿線にある穴場桜スポット こちらもおすすめ♪

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

京都リスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-