子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ホテル宿泊体験レポート ≫ むさし(白浜)宿泊体験レポート

-むさし(白浜)宿泊体験レポート-


このエントリーをはてなブックマークに追加

南紀白浜・白良浜まで徒歩1分 温泉と海水浴に便利な宿”むさし”に宿泊しました。

musashi062.JPG

2014年4月12日(日)という春休みとゴールデンウィークの間で、みなさん旅行しない時期なのでしょうか、大人一人1万円以下のお値段で、格安♪
コスパ重視の格安子連れ旅行におすすめのお宿です。


スポンサーリンク


むさしにはファミリー向け格安プランがある

むさしの予約は、出発1週間前に行いました。
予約した旅行サイトは、るるぶ。るるぶやJTBは高いというイメージですが、実際には、最近料金はどのサイトで予約しても変わらないようになっています。
るるぶやJTBはこども料金が年齢ではなく、食事で決まるので、小学生でもあまり食べないという子には、るるぶで予約すると便利ですよ。
今回は、バイキングプランだったので、食事は幼児も小学生も同じ料金で、どの旅行サイトで予約しても同じだったのですが、るるぶのポイントがたまっていたので、るるぶで予約しました。
ちなみに朝夕食つき、大人1人につき9,500円、こども1人につき 6,650円 でした。
むさしはすべてが格安ではなく、お部屋によっては、懐石料理と、オーシャンビューのお部屋もありますが、新館と新館があり、 旧館の楠館の方は、かなりリーズナブルになっています。
プランをみて探してみてくださいね。

むさしの楠館プランってどうなの?

musashi075.JPG
むさしにチェックインすると、フロントから3階にあるこちらのお部屋までの案内になります。
ちなみに駐車場は、このプランに限らず、遠方にあるため、従業員の人にキーを預けてとめてもらうタイプになります。
このせいで、チェックアウトの際は、車をもってきてもらうのに時間がかかり、時間を要しました。
musashi001.JPG
こちらまで荷物をはこんでもらって、ここでウェルカムドリンクを飲んで、ここからは自分で荷物を運びます。
ウェルカムドリンクは、ジュースやコーヒー他いろいろ選べました。
musashi074.JPG
旧館、新館はつながっているのですが、温泉やフロントへ行き来するには、必ず10段ほどの階段を通らないといけないので、足元が不自由な方、赤ちゃんを抱っこしている方などには、むかないかもしれません。
さらに、楠館自体のエレベーターも9階建てなのに1台しかないので、待っていたらいっぱいということも。私たちの部屋は、部屋のとなりにある階段を一つ上がればいいだけだったので、わざわざエレベーターを使う必要もなかったので、便利でしたが、高層階だといらいらするかも。
小学生で自分の足ですたすた歩けるファミリーには、お値段安くてお得なプランだと思いました。

むさし格安プランのお部屋の内容

musashi064.JPG
musashi004.JPG
楠館のお部屋は10畳の和室+ソファーがあるひろびろとしたお部屋。古さはあっても清潔感がありました。
家族4人では広々とつかえてなかなかよかったです。
musashi065.JPG
ただ、畳がふかふかしたり、お風呂や洗面所はかなり古さを感じましたが、基本的には、お風呂は温泉を洗面所は歯を磨くぐらいしか使わなかったので、そう気になることもなかったです。
口コミ評価をよんでみると、トイレがせまいとかかれていたのですが、たしかにトイレは本当に便座1つ。
からだの大きいかたにはせまいと感じるかもしれませんが、我が家はパパもちいさめなので、ウォシュレットもあり、普通に使えてこれもまた気にはなりませんでした。
お部屋についているアメニティは、浴衣(こども用浴衣)、バスタオル、タオル、歯ブラシなど。お風呂には、バスタオルは置いてませんので、部屋から毎回持っていきます。
お部屋にコンセントがもう少しあるといいなとは思いましたが、まずまず満足なお部屋でした。

むさしの温泉

musashi2.png
むさしの温泉は、どのプランでも同じ。かなり大きな大浴場と露天風呂、内風呂の3か所があります。
musashi1.png
ただ、つくりがちょっと変わっていて、パウダールームを中心に、脱衣所、サウナ、内風呂、露天風呂、そして階段を上がって大きな大浴場があります。
普通脱衣所にパウダールームがついているものですが、着替えたあとに、また戻ってパウダールームに行くイメージ。
露天風呂、内風呂、大浴場が独立しているため、1つ、1つ上がって、ドアをしめてから、それぞれのお風呂へ入るのが、夏はいいけど、冬は寒くないのかな・・と思いました。
特に、大浴場へは、はだかで階段をのぼっていかないといけないので、これまた足の不自由な方には、大変だと思います。内湯、露天風呂だけに入るならいいと思いますが。
温泉は海水のようなしょっぱめの温泉ですが、お肌はつるつるになり、かなりよくて、次女のアトピーも最初はしみる~と騒いでいましたが、湯上りはしっとりして少しましになりました。
シャンプーや洗顔石鹸、化粧水他アメニティも充実、クレンジングだけはありませんでしたので、お忘れなく。
温泉は気持ちよく、大満足♪

むさしのバイキング

musashi047.JPG
musashi10.jpg
むさしのバイキングは40種類のオープンキッチンで、ステーキやほたてやえびを目の前で焼いてくれたり、天ぷらをあげてくれたり・・・結構豪華なバイキングでした。
夕食は、刺身、ステーキ、天ぷら、パスタやフライドポテト、から揚げ、カレー、お寿司、マリネ、和食、中華、鍋、アイス、デザートまでいろいろあって、40種類以上もっとあった気がします。
お値段がお値段なので、期待してなかったけど、大人もこどもも食べるものが多く、これなら大満足。
musashi5.jpg
朝食は、和歌山らしく、梅ジュース、みかんジュースがおいしかったです。
和洋どちらも充実していて、朝食も大満足。スペースは広いのですが、たくさん人がいるため、朝8時にいくと少し待ちました。急ぐ人は早めに行ったほうがいいかも。

宿から白良浜まで徒歩1分 海水浴にもおすすめの宿

チェックアウトは10時なので、それまでに白良浜までお散歩してみました。
入り口をでてすぐ左をまっすぐでると1分もかからないほどで白良浜にでます。これは海水浴に便利だわ~。
musashi3.jpg
白良浜は春でもきれいですね。真っ白な砂浜がつづいていて、宿のすぐ近くには、遊具もあって、結構こどもたちはよろこんでいました。
朝のお散歩もさわやかに、パパも海沿いをジョギングして満足していたようです。
musashi015.JPG
白良浜はハワイのような景色。いいですね~。
むさしのすぐ前には、白浜荘グランドホテルがありましたが、オーシャンビューをもとめるなら、より海に近い、グランドホテルのほうがいいかと思います。
夏になるとひとでにぎわう白良浜。砂だらけになる海水浴、車にのらず歩いてすぐ・・というのは便利ですし、温泉の脱衣所には洗濯機も置いてありました。海水浴にも便利な宿だと思います。

むさし 宿情報

じゃらんクチコミ評価3.9
むさし
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町868
TEL 0739-43-0634 FAX 0739-82-2020

白浜のメイン通りに立地し、白良浜まで徒歩1分。本格和風旅館の旬の会席とオープンキッチンバイキング

下記文字リンクから予約ができます。
※2014年4月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。
☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

【白浜関連記事】





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ホテル宿泊体験レポートリスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-