子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行京都 ≫ 子どもと行く京都・秋・紅葉編

-子どもと行く京都・秋・紅葉編-


このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年11月25日、京都に紅葉を見に行ってきました。

今年は猛暑の影響で紅葉が枯れてあまりきれいではないところもありましたが、いつもと変わらず真っ赤な紅葉、美しい風景が感じられるところもありました。子どもと行く京都、参考にしてくださいね。

秋の京都観光は紅葉でもっとも人気がある季節です。
美しい日本の風景を子供を一緒に見に行きませんか?

 

 


スポンサーリンク


行き先はあちこちまわらず、南禅寺永観堂に決定。
朝、10時 京都駅を出発。観光シーズンの京都は大渋滞なので、車、バス、タクシーは使わず移動は電車にかぎります。地下鉄で京都駅→烏丸御池(東西線へ乗り換え)→蹴上へ。蹴上から南禅寺までは徒歩5分表示ですが、3歳児と5歳児を連れてあるくと約15分。11時に南禅寺到着。一番の見頃で観光バス、タクシーなどで道はごったがえし、歩く人も歩道にあふれかえっている状態。ベビーカーで行くのは不向きです。1人である程度歩いてくれる3歳ぐらいからならいけるかなあといった感じでしょうか。

南禅寺には三門という門があり、階段で上までのぼれるようになっています。子どもたちがそれをみて『のぼりたい!のぼりたい!』っていうので、三門にのぼることに。料金は大人1人500円です。おそろしく急な階段で、5歳の娘はなんとか自力でのぼれましたが、3歳の次女はパパがだっこしてやっとのぼれました。

 

上にあがると、南禅寺の紅葉の向こうに京都の町並み。南禅寺内の紅葉も上からすっかりみえてどこがきれいか一目瞭然です。『じゃあ、今度は下におりてあのきれいな紅葉の下で写真をとろう』と喜んで階段にむかったのですが、また階段が恐怖。。大人でもおそるおそる降りている人がいました。

 

下におりてきれいな紅葉の前で写真をとり、子どもは紅葉のじゅうたんの上で紅葉狩り。こんなにおもしろがるのに、子どもはほとんどおらず。。やっぱり京都は大人の世界って思い込みがあるんですね。紅葉狩りをしながら南禅寺の奥へと進むとよくサスペンスでテレビに映るレンガづくりの橋が登場。ここでも、『とんねるだ~』とつぎつぎとトンネルをくぐりぬけ遊んでました。

南禅寺を北上するとすぐに(子どもの足で10分はかかるかな)永観堂があらわれます。永観堂はもみじで有名なお寺。さすが・・というか南禅寺よりずっときれいな紅葉がいっぱい。ひきこまれるように入りました。大人1人1000円は高い~!と思いましたが、中に入って納得です。お堂の中とくつをぬいで移動して、またさらに階段をのぼり・・またお堂に入って、座ってゆっくりお庭を眺められたり、いろんなお宝がみれたりと見所満載でずっと続く紅葉も最高!中に入ってそうこうしているうちに『おなかすいた~』と娘。時計をみると13時半。

11時に南禅寺についてあっというまに2時間半です。近くのおそばやさんでおそばを食べて、岐路につくことに。南禅寺から京都駅方面に行こうと思うと、市バスの5番にのるといいのですが、5番は観光スポットを総ナメにするような路線。とても混んでいます。京都のバスにのるなら南北に走っているバスより、東西に走っているバスの方がすいています。なので、永観堂から丸太町通りまででて、丸太町通りを東西に走る市バスの204番にのり、烏丸丸太町へ。地下鉄丸太町→京都駅スムーズに帰れました。。

子どもと行く京都。ポイントは・・・
・移動は電車をメインに
・あちこちまわろうとせず、近くのお寺を2つぐらいに絞る
・ご飯時はどこもいっぱいなので、時間をずらし、あらかじめ場所も決めておく
・バスは南北に乗らず、東西に走るのを選んで、電車に乗り換える

 

違う京都を味わうなら・・・子どもにおすすめ貴船・鞍馬の旅

京都の紅葉といえば、嵐山、清水寺、南禅寺、東福寺、永観堂などが有名ですが、ちょっと違った京都をみたければ、鞍馬、貴船散策をおすすめします。
鞍馬、貴船は京都市の一番北にあり、京の奥座敷。繁華街からは考えられないくらいの澄み透った空気で生き返ります。貴船から鞍馬へはハイキングコースもあり、お弁当を食べてパッチワークのように彩られたもみじのじゅうたんの中をあるき、鞍馬へぬけると温泉があり、そこで汗を流して帰るというぜいたくコースもおすすめです。ハイキングコースは有名でいったことがない人でも、叡山電車の駅に地図が置いてありますのですぐにわかると思います。 

鞍馬温泉の公式サイトはこちらから
森林浴をしながら温泉

実は管理人の地元の近くでして、地元びいきもありますが、知っているがゆえに絶対いってほしいスポットでもあります。

今年(2007年)は猛暑の影響で紅葉の時期が遅かったですが、、このあたりは寒いので、市内の見頃に比べると少し早く見頃になります。市内から車で小一時間でいけますが、ここにはツアーの大型観光バスではなく、ぜひ叡山電車で行って欲しいと思います。

叡山電車は京阪出町柳駅からでている1または2両編成のローカル電車で、特に”きらら”は紅葉時に有名です。”きらら”は普通車両よりも窓がおおきく、イスが外向けにむいているので、電車にのりながら、もみじのトンネルを通って紅葉を楽しむことができます。途中、もみじのトンネルで停車し、見せてくれるというサービスもあります。電車が好きなお子さんには大喜びの乗り物となるでしょう。

ここからは5歳と3歳の娘を連れての体験談。。。鞍馬につくと、こんな天狗が・・。鞍馬は源義経が幼少のころ、天狗と剣術を修行したところとしても有名です。駅自体もローカルでびっくりですが、町並みも温泉街?って思うようなお店がならんでいます。名産品は木の芽煮。駅から5分の蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べました。お店はそのへんに何軒かしかなさそうです。たべてすぐに目の前の仁王門をくぐり、そこをすぎるとずーと階段です。

そこから本殿金堂まで約一キロ。ずーと山道か階段ですが、4,5歳の娘も駆け足でのぼって喜んでいました。もみじのじゅうたんがきれいでなんといっても空気がおいしい!3歳の娘は50メートル先にある由岐神社でダウン。パパのおんぶとなりました。仁王門からはケーブルもでていて、どうしても無理と思われる方はケーブルにのるといいと思います。しかし、かわいすぎるほど小さくて一度にたくさん乗れないから、とても混んでかえって時間がかかるかもしれません。

すごい階段をのぼったかいあって、本殿近くのもみじはとってもきれい。こどもたちはつくなり、『のどかわいた、お茶!お菓子!』と持ってきたお菓子をばくばくたべたあと、階段よこの坂を『すべりだいだ~』といって、すべりまくり、あっちへこっちへ。どこでも公園になるってすばらしい。。。
看板には登り30分くだり15分と書いてありましたが子ども連れだと、登り40分、くだり10分(走っておりるので)ぐらいだったでしょうか?

行きの電車で<きらら>にのりたかったのですが、駅に着いて、アイスクリームやココアなどを飲んでゆっくりしてたら、あっという間に何十人いや何百人?っていうほどの行列ができて、よくみたら○○観光ツアーという旗をもった添乗員のあとにぞくぞくとツアー客が・・。きららにのることが観光の一環になってるんですね!って気づいたときにはもう遅く、きららは満員でのれませんでした(泣)きららの時刻はあらかじめ調べて、ぎりぎりじゃなく、早めに並んで乗りましょう。

 

人気の京都。人・人・人で歩道もあふれて歩けないほどの人。1人でしっかり歩ける子なら大丈夫ですが、ここに乳幼児連れで行こうというのはちょっと無謀であります。そこでおすすめしたいのが・・・

<子連れにおすすめ!京都府立植物園>

開園時間  :午前9時~午後5時(入園は午後4時まで)
入園料   :一般200円 高校生150円 小・中学生80円
アクセス   :JR京都駅(近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」)から地下鉄「北山駅」又は「北大路駅」下車

アクセスが便利。京都駅から地下鉄一本でいけます。交通渋滞に巻き込まれることなく、中も敷地面積が広大で人ごみのなかでの紅葉狩りということはありません。ここならベビーカーでのんびり紅葉が楽しめます。背景にお寺という京都らしさはありませんが、紅葉はとってもきれい!他の植物もたくさん鑑賞できます。
中には池や小川などがあり、はっぱのお船を作って遊んだり、あひるにエサをやったり。。
広大な芝生もあり、お弁当など食べるスペースもたっぷり。それだけではないんです。北大路側の門の近くにはすべり台やシーソーなどの遊具もあり、きのこの形をした図書館もあります。外で絵本が読めるんです。
あちこちいかなくてもここで一日楽しむことができます。入園料もお寺に比べると格安です。2泊3日ぐらいの旅行なら一日はここを入れると子供とのんびり紅葉が楽しめそうです。

 

【関連記事】
管理人の京都子連れ観光案内・・京都のホテル情報も

 

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

京都リスト

カテゴリーリスト

Google+


sousouってどんなお店?


京都を楽しむ
お得なチケット情報!

いい古都チケット

阪急全線(神戸高速線をのぞく)、京都市営地下鉄・バス全線、京都バス(一部)一日乗り放題!のチケットです。販売・有効期間は~12月18日(月)
発売金額は1,600円 。
発売場所:阪急電鉄各駅


鞍馬・貴船1dayチケット

京都の奥座敷として有名な鞍馬・貴船への京阪電車往復乗車券と叡山電車の1日乗り放題が組み合わされたチケットです。叡山電車沿線の約40箇所の優待特典付き! 叡山電車沿線は京都市内の一番北のあたりを走っており、涼しいので、夏旅行におすすめです。
通年販売ですが、有効期限は購入日当日限り。

料金は、発売駅により異なりますが、大人1,140円~1,540円。叡山電車は全駅乗り降り自由。
発売場所:京阪電車各駅(ただし出町柳駅・大津線各駅では販売されていません!)
その他の叡山電車のお得な切符はこちらから



タクシー情報
行き先まで最短コースで案内してくれて、見所を面白く解説してくれる京都のタクシーは満足度◎。
MKタクシー
アオイタクシー


管理人おすすめショップ

信三郎帆布
一澤帆布から分かれたお店。トートバックやショルダーバックはシンプルで使いやすくママバックとしても活躍します。

知恩院前上ル東側
定休日:日曜日
営業時間:9:00-18:00



ホテル選びの参考に・・・

京都ホテルランキング

   情報提供:一休.com


高級レストランの予約なら・・

安くておいしいお店を探すなら・・

河原町・木屋町・先斗町烏丸・堀川・大宮千本祇園・東山北区・左京区京都駅周辺西院・右京区・西京区伏見山科

クーポンを印刷して持っていくと飲食代の割引などのサービスが受けられます。

京都への交通関連情報



大阪(伊丹)空港から京都駅南口まで、空港リムジンバスで約55分。
関西空港から京都駅八条口まで約105分。




高速バスなら交通費を節約できます
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-