子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ディズニーランド ≫ ディズニー 身長&年齢制限のあるアトラクション

-ディズニー 身長&年齢制限のあるアトラクション-


このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーリゾートはUSJに比べて小さなこどもが楽しめるアトラクションが多い遊園地です。
ディズニーランドだと身長102㎝以上、ディズニーシーだと117㎝以上だとすべてのアトラクションに乗ることができます。

disneysee2014002.JPG
↑ジャスミンのフライングカーペット・・空とぶじゅうたんに乗って空中散歩


スポンサーリンク


ディズニーランドの身長&年齢制限のあるアトラクション

ウエスタンランド ビッグサンダーマウンテン 身長102cm以下はダメ
クリッターカントリー スプラッシュマウンテン 身長90cm未満はダメ
ビーバーブラザーズのカヌー探検 2歳未満ダメ
2,3歳児 両脇に大人がつくこと
4歳以上 一人で漕げる。(大人がつくこと)
ファンタジーランド キャッスルカルーセル 2歳以下は大人と一緒に、または大人が横に立つこと。
3歳以上 一人で乗れる。
プーさんのハニーハント 1歳未満はダメ
一人で座っていられない子供はダメ(だっこ不可)
トゥーンタウン ガジェットのゴーゴーコースター 2歳以下ダメ
トゥモローランド スターツアーズ 2歳以下ダメ
スペースマウンテン 身長102cm未満はダメ
2歳以下ダメ
スタージェット 1歳未満はダメ
一人で座っていられない子供はダメ
グランドサーキットレースウェイ 身長132cm未満は大人のつきそいが必要。
1歳未満はダメ

ディズニーシーの身長&年齢制限のあるアトラクション

アメリカンウォーターフロント タワー・オブ・テラー 身長102cm以下はダメ 3歳未満ダメ
トイストーリ・マニア 一人で座っていられない子供はダメ
ポートディズカバリー ストームライダー 身長90cm未満はダメ 3歳未満ダメ
アクアトピア 一人で座っていられない子供はダメ
ロストリバーデルタ インディジョーンズアドベンチャー 身長117㎝未満はダメ
レイシングスピリッツ 身長117㎝未満 195㎝以上はダメ
アラビアンコースト ジャスミンのフライングカーペット 一人で座っていられない子供はダメ
ミステリアスアイランド センター・オブ・ジ・アース 身長117㎝未満はダメ 最高速度 75km/h
海底2万マイル 暗くて怖いシーンあり
マーメードラグーン フランダーのフライングフィッシュコースター 身長90cm未満はダメ 3歳未満ダメ
スカットルのスクーター 一人で座っていられない子供はダメ
ジャンピン・ジェリーフィッシュ 一人で座っていられない子供はダメ

身長制限のある乗り物に乗ってみた感想

基本的にディズニーランドにある乗り物は、そこまで怖い、絶叫系の乗り物というものはありません。
あえていうなら、ビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテンなどのジェットコースターがちょっと早いかな?という程度。
スプラッシュマウンテンも急流下りではありますが、身長制限90㎝でかなり年齢の低い子でも楽しめるものとなっています。
怖いといえば、怖いですが、りすやうさぎなど森のかわいい動物がでてきて、いわゆる絶叫系とはちがいます。
ディズニーシーは、ディズニーランドに比べるとやや絶叫系あり。具体的にどんな感じなのか紹介します。

インディ・ジョーンズに乗った感想

disneysee2014059.JPG
USJでいうと、スパイダーマンが近い乗り物です。
乗り物に乗って、探検へ。ジェットコースターではないので、そこまでスピードはでません。
映像と音、水しぶきなど五感を使って怖がらせる感じ。途中、真っ暗になったり、大きい音がします。
インディ・ジョーンズの映画そのままの大きな岩がゴロゴロ・・と転がってくるところでお写真ポイントがあります。真っ暗と大きな岩に押しつぶされそうになるところは、怖いです。
小学生でも、怖がりの子は泣いていましたので、十分ご注意を。

レイシングスピリッツに乗った感想

disneysee2014014.JPG
レイシングスピリッツは、ディズニーリゾートで唯一360度一回転するジェットコースター。
一見、怖そうですが、逆さになるのは、一瞬で、遠心力がかかっている分だけ安定感もあり、怖くありません。
最初に上昇、降下はありますが、同じディズニーシー内にある、ジェットコースターのセンターオブ・ジ・アースに比べると落下やスピードはさほどではありません。
荷物も足元に置いてのっても零れ落ちないほどなので、ディズニーランドの、ビックサンダーマウンテンが乗れるなら、大丈夫かも。

タワー・オブ・テラーに乗った感想

disneysee2014072.JPG
タワー・オブ・テラーは2種類の怖さがあります。1つは、垂直落下という怖さと心理的なお化け屋敷的な怖さです。
どちらもクリアできるこどもでないと乗れないので、一番ハードルが高いかな・・と思います。
タワー・オブ・テラーはかなりの人気で長蛇の列になるので、長く並んだあと、近づいてくると、お化け屋敷的なアナウンスが聞こえ、散々並んだのに、もうすぐってところで、”怖い・・いや・・・”とこどもに言われた経験もあります。
垂直落下の方は、私が乗ったときには、2回落ちました。が、建物の一番上じゃなくて、大きな窓のあるところまでのぼって落ちます。
あっという間で、真っ暗なので、一般的な垂直落下の乗り物よりは、怖くはありませんが、私は苦手です。

こどもと怖い乗り物に乗るにはファストパスをとろう

こどもと怖い、絶叫系の乗り物に乗る場合、ファストパスをとることをお勧めします。
上で紹介した、インディ・ジョーンズ、タワーオブ・テラー、レイシングスピリッツ他だいたいの怖い乗り物はファストパスが発行されています。
実際に怖いのは、待ち時間で、暗いところで並ばされたり、心理的に驚かされたり、高速のジェットコースターの音を聞いているだけでびびってしまったり・・・。
待っている間にいやといわれないよう、さっと乗れるファストパスが親の味方です。
☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ディズニーランドリスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-