子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行中国 ≫ 鳥取・島根の旅(大山編)

-鳥取・島根の旅(大山編)-


このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月8日~10日の3連休に、家族旅行で鳥取・島根を旅行しました。

このページはそのときの体験レポートです。

 

P1200039.JPG10月8日 午前5時50分自宅のある大阪を出発。鳥取の大山へ向かいます。

車で行くと約3時間半、途中絶対に渋滞するところがあるので、早目に出発しました。やはり・・西宮山口付近で3キロの渋滞。

まだ3キロだったから良かった~。その後はスイスイ。途中勝央ICで休憩し、大山には3時間半弱で到着しました。

休憩と渋滞がなかったら3時間ぐらいでいけたかも。

大山では乗馬センターにいきたかったので、溝口ICで折りました。そこから15分ほどでしたが、到着したのが、まだ朝の9時半ちょっと前だったので、寒かったです。

乗馬センターにつきました。


スポンサーリンク


予約すると、特典があったので、あらかじめネットで予約してからいきました。

一人で馬にのるのは身長120㎝以上の小学生からで、次女にもできましたので、家族4人とも体験しました。1キロのお散歩コースで3500円です。

まずはヘルメットをかぶって馬にまたがります。

最初は馬場の中をくるりと一周。

走り出すときにはおなかを蹴って、右に曲がるときには右の綱を、左に曲がるときには左の綱をひきます。

とまるときには両方の綱をひきます。

P1200043.JPGおさんぽコースはこんな森の中を行きます。馬は想像以上に背が高くこわいです。

パッカパッカいい音をならしてすすみます。

写真は乗馬センターの人がとってくれました。

途中草をたべたり、うんちをしたり・・といろいろありましたが、なんとか終了。

子どもたちはおわってから興奮気味でした。『おもしろかったよ~』

P1200053.JPG予約特典でうまにおやつをあげることができます。

手を舌でベロリとなめるけど、動物が大好きな次女は大喜び。

他に、予約特典としてソフトドリンク1杯ずつと、乗った馬のポストカードがもらえました。

馬をみながら、ジュースを飲んで、

今度はすぐそばの『森の国 大山フィールドアスレチック』に出発です。

P1200057.JPGアスレチックは大人800円子ども700円。ドッグランやキャンプ場、アスレチックが全45ポイントと遊びの広場があり一日いても飽きないぐらいたっぷり遊べます。

駐車場は無料で、まだまだ空いていました。

芝生が広くて、ボールで遊ぶ子もいましたが、竹馬やホッピング、ストラックアウト、人工芝でのソリなど別料金でできるようでした。

P1200056.JPG芝生の上にはコーヒーカップも。

遊園地になるような感じで、ハンドルをまわすとくるくるまわります。結構おもしろい。

P1200058.JPGアスレチック は大山コースと昆虫コースに分かれていますが、六甲山にあるアスレチックより規模が大きかったかも。かなり時間がかかりましたし、内容も充実していました。

P1200059.JPG小学校1年生の次女もほとんどのものができました。 3年生の長女なら全部できます。途中大人でもこわい・・って思うところがありましたが、その点子供の方が平気。

P1200060.JPG

こんなのみたのは初めてです。蟻地獄。

ななめに競輪のように走って上まで到達できるかをチャレンジします。

中学生ぐらいの子は直線でものぼっていましたが、小学生たちは結構苦戦。

P1200065.JPGこれもあまりみたことがないアスレチック。はちの上にたってのるターザンロープです。

初めての体験に喜んでいました。しかしこの手のものは、大人がロープをもっていくのを手伝わないと無理なので、大人が大変。

P1200068.JPGこんなおもしろそうなブランコも。一度に何人も乗れます。

家族でのって遊んでみました。久しぶりに太陽のもと遊ぶのは楽しいですね~。

芝生の端にぶらんこがありました。

 

P1200070.JPG

アルプスの少女ハイジのオープニングのような大きなブランコにこどもたち大喜び。

私ものってみましたが、普通のブランコより大きく揺れ、気持ちがいい。もっとのりたかったけど、並んでいるので悪いなとおもってかわりました(笑)。

P1200071.JPGメリーゴーランドだ~

とこどもがよろこんだ、円をえがいてのるブランコ。

ロープでまわしてやらないとだめですが、のるとくるくるまわって楽しい。

何度もやると目がまわります。

途中、この中でお昼ごはんもたべて14時すぎになったので、トムソーヤ牧場へいくことにしました。

外遊びが好きな長女はずっとここにいたかったみたいだけど、動物好きの次女が、どうしても牧場に行きたいというので・・・

きっと森の国に夕がたまでいても楽しめると思います。

中にはキャンプ場があり、キャンピングカーできている本格的な人もいましたが、結構それも楽しそうでした。ハンドクラフト作りやバウムクーヘン作りなど予約をすればいろいろ楽しめるそうです。

そこから車で5~10分ほどにあるトムソーヤ牧場。

大人800円、子ども700円で入れます。トムソーヤ牧場は動物とふれあい体験ができるところです。牧場というので、もっと広くて、牛や馬が放牧してあるのを想像していましたが、小さなミニ動物園的なものでした。

よっぽど動物がすきか子連れでないとたのしめないかもしれませんが、うちの場合、長女はつまんなさそうでしたが、次女はめちゃくちゃ幸せそうな顔をしていましたので、行ってよかったと思いました。

入るとすぐに、『カンガルーのえさやりの時間です』という放送がはいったので、そちらへいってみました。

すると・・・

 

P1200080.JPG

カンガルーやワラビーが放し飼いになっていて、自由になでたりすることができます。

やぎやうさぎを放し飼いになっているところはたくさんありますが、カンガルーはなかなかさわれないんじゃないでしょうか?

次女は大喜びで、えさをやったり、なでなでしたり・・・

P1200084.JPG次はモルモット広場へ。

モルモットがいっぱいいます。おひざにのせてだっこすることもできます。これがまた次女が大喜びで、おひざにのせてず~となでなでしていました。

『欲しいな~かわいいな~』っていいながら。飼育員さんもそれをみて、次々に違う子をひざにのせてくれて、皿に喜んでいました。

同じところにうさぎもいます。

P1200103.JPGやぎは柵の中にいるのもいますが、一匹だけこうやって外にいるのもいて、背中をなでたり一緒に写真をとったりできました。

P1200104.JPG

すると、『アルパカのお散歩タイムです』という放送が。

柵の中にたアルパカさんが、外にでてきて、一緒に写真をとることができます。帽子は貸してくれました。アルパカさんふわふわできもちいい・・。

P1200122.JPG わんわんランドは犬が20匹ぐらい放し飼いに。ふだんから犬を飼いたがっている次女は、犬をおいかけまわして、なでまくり、さらに写真をとりまくっていました。

他にミニブタレース、ヤギの乳しぼり体験、ポニー乗馬などもできます。

本当に次女にとってはこの大山のなかでは一番よかったところだったようです。

わたしと長女はみるく農場でソフトクリーム食べたかったね・・と言っていたのですが・・・

この後、車で30分ほど移動して、皆生温泉の東光園で宿泊しました。

大山で泊ってもよかったのですが、やっぱり温泉がいいねってことで、大山からも便利な皆生(かいけ)温泉へ。

東光園宿泊体験レポートはこちらから

はじめての鳥取県子連れ旅行はかなりおもしろかったです。

この続きは鳥取・島根の旅(境港・松江編)で。

【関連記事】

>>子連れで行く鳥取・島根の旅

>>その他の中国地方記事一覧 

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-