子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行ホテル宿泊体験レポート »中国 ≫ 120坪の混浴大露天風呂 長楽園(玉造温泉)宿泊体験レポート

-120坪の混浴大露天風呂 長楽園(玉造温泉)宿泊体験レポート-


このエントリーをはてなブックマークに追加

玉造温泉にある 日本一の混浴大露天風呂のある宿、長楽園に泊まってきました。

玉造温泉は松江城、出雲大社、岩見銀山、宍道湖など、島根県の観光にはとってもいい宿。なんといってもひろ~い大露天風呂が子連れにも大うけでした。
chourakuen006.JPG
長楽園の玄関すぐの露天風呂への道がこちらです。長楽園は明治元年創業、明治42年に日本一の広さの庭園混浴大露天風呂がつくられました。この立派なお風呂がなんと明治時代に・・・。
一度入る価値のある温泉ですよ。


スポンサーリンク


広い!長楽園の部屋

chourakuen001.JPG
長楽園は明治創業の旅館ですが、建物は新しく部屋もきれいで、しかも広い!まずこの3畳の上がりぐち。この手前にトイレ、お風呂があります。
chourakuen002.JPG
部屋は明るくて清潔。10畳ぐらいだったと思います。お部屋まで仲居さんが案内してくれて、しっかりお茶もいれてくれる昔ながらの旅館。
最近は、コスパにこだわるなら、部屋までは自分で行ってねという宿が多かっただけに、とっても親切に感じました。
chourakuen004.JPG
しかもお茶受けが1人3種類もあって、どれもおいしかった~。
chourakuen043.JPG
別にソファがあり、4人家族には、ゆったりでした。ご飯を食べている間におふとんをひいてくれたのですが、チェックイン時には、お茶を、お布団を敷きに来てくれたときには、冷たいお水をポットにいれていってくれたのもよかったです。
夜、結構のどかわきますよね。
お部屋には、冷蔵庫や金庫、アメニティはハブラシ、タオル、浴衣など一通りのものはそろっていました。

日本一の庭園混浴大露天風呂がおもしろい

chourakuen009.JPG
こちらが大露天風呂。なんと120坪です。
前にも大露天風呂がある宿にいったことがありますが、広すぎてほとんどぬるくてはいれなかったので、このお風呂も話題作りのためだけなのかな・・とあまり期待してなかったのですが、こちらの露天風呂は120坪全部、本当にあったかくて、もうプールです!
女性は、かわいいアロハのような柄の湯あみという布を体に巻いて入ります。
男性、女性は、別々の脱衣所。女性側には内風呂を通りぬけてのこちらの大露天風呂という流れ。混浴が苦手な人でも、体はかくして入れるので、そんなに抵抗はないと思いますよ。
子連れの私たちは大喜び。パパも一緒に、大露天風呂で”ひろ~い””気持ちいい~”といってはいりました。
chourakuen051.JPG
夜は露天風呂までの道もカランコロンとゲタの音をたてて風流に向かいます。夜は月がきれいで、朝は湯気がたってそれもまた幻想的でした。
このほかに、男性、女性別々の内湯もあり、内湯にも露天風呂がついていて、そちらもまた広くてよかったです。
玉造温泉は奈良時代にできたそうです。
出雲風土記や枕草子にも記された日本屈指の名湯。
お湯は、美容液のようで、お肌がすべすべになりました。
あ~よかった。

洞窟のむこうに昭和天皇ゆかりの山荘特別室

長楽園は広さ1万坪の庭園があり、お散歩もできます。
こどもたちが喜んだのは、洞窟。
chourakuen014.JPG
庭園の中にこっそり洞窟があるんです。階段を下がって洞窟をぬけて、また階段をあがると・・・
chourakuen015.JPG
長楽園入口からはみえないところに離れの客室、昭和天皇ゆかりの御座所、山荘特別室がありました。
この中にも、温泉が2つあるそうです。特別室・・みるだけでもみてみたい。でも見れるのは外側だけ。
洞窟の中はひんやりしていて、夏なら涼しそう。探検気分です。

食べきれないほどのご馳走

chourakuen1.jpg
夜ごはんは、別室の和室で畳に座って、懐石料理。
お寿司、島根牛、コラーゲン鍋、天ぷら、おさしみ・・他いろいろたべきれないほどのご馳走。
小学生のこどもたちも食前酒がカルピスだっただけで、内容も量もすべて大人と一緒でした。食べきれない・・と思ったけど全部食べましたよ~。すべておいしかった~。
chourakuen055.JPG
朝食も完全和食御前。最近、朝食バイキングばっかりだったので、このような和食の朝ごはんに感動♪
手前のちくわみたいなのは、島根名物ののじです。あと梅がゆ、サラダ、温泉たまご、のり、宍道湖のしじみの赤だし、いかそうめん、さといもだんご、あじのひらき、おひたし、ヨーグルトなどがありました。
ごはんは朝食も夕食もかなりおいしかったですよ。

長楽園周辺 玉造温泉の観光

chourakuen023.JPG
玉造温泉は非常にちいさな温泉街で、徒歩でお散歩できる範囲です。
ホテル目の前には川が流れ、写真に写っているのは、まがたまの橋。まがたまのオブジェ(緑)があるでしょう?
chourakuen019.JPG
河原には、足湯があります。川の一部が温泉で、石で囲まれている外側には水がながれているので、こどもたちは、行ったり来たり・・・それをみて川の方へ足をいれてみたら”ちめた~”。夏なら川遊び楽しめそうですが・・。
chourakuen3.jpg
足湯のすぐ近くにはまがたまの小島があり、その中には、青めのうの原石があります。それをさわるとしあわせになるという噂。
chourakuen7.jpg
少し歩いたところに玉作湯神社があります。その前の宮橋にたち、写真に鳥居がうつると恋がかなうというそうですよ。
この神社ちょっとおもしろいです。
chourakuen2.jpg
この中に、叶い石と紙が入っていて、紙は複写になっています。その紙に願い事を書いて、一部は神社のポストに、一部は右の袋にいれて自分でもっていると願い事がかなうそう。
神社には、触っていのれば願いが叶うといわれる”願い石”があり、自分の叶い石をくっつけてそこでお祈りします。
はるか昔から「願い事を叶えてくれる」と評判の石で、島根県内でも人気のスピリチュアルスポットです。
なんか人気スポットみたいで、みんなやってました。
chourakuen5.jpg
そんな中、宮司さん(?)が神社の屋根の説明をしてくれました。左の屋根と右の屋根にのっているものの形が違うことがわかるでしょうか?
左がこちらの本堂で、女性で、右が同じ敷地内にあるお堂の男性の神様なんだそうです。
伊勢神宮は女性、出雲大社は男性の神様です。
ということで、こちらは女性の神様で、姫神様が祀られています。湯姫大明神は美肌・安産・助産の神様ですが、”女の子はここでお祈りすると容姿端麗になりますよ”といわれ、こどもたちは熱心にお祈りしておりました(笑)。
美肌にもいいそうですよ。ぜひきてみてください。
玉造温泉 湯之助の宿 長楽園
島根県松江市玉湯町玉造323
じゃらんで4年連続(2007~2010)中国四国人気ランキング(51~100室)第1位の宿
完成から100余年の日本一混浴露天風呂と男女別露天風呂(館内浴場)で温泉三昧♪
混浴露天風呂は女性は湯あみをまいて入れます。温泉は肌がつるつるに。ロビーには片岡球子、河井寛次郎著名な作者の絵画があります。
こちらから予約ができます

 楽天トラベル ・ じゃらんnet ・ 一休com ・ Yahoo!トラベル

※2014年4月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。
☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

ホテル宿泊体験レポートリスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-