子供と行く旅行交通費の節約ホテル比較体験レポートなどを紹介しています
サイトについて 京都子連れ観光案内 子連れで楽しいホテル 宿泊体験レポート
:子供と一緒に格安旅行京都 ≫ 京都 葵祭2013

-京都 葵祭2013-


このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年5月15日、葵祭を見に行ってきました。

aoi2013P1170065.JPG

葵祭とは?

葵祭とは祇園祭、時代祭とならぶ京都三大祭りの1つ。
日本の中で最も優雅で古趣にとんだお祭りとして知られています。
古くからあるお祭りで、平安時代の貴族の間では祭りといえば”賀茂祭”(=現代の葵祭)。源氏物語ほかいろんな物語にも登場します。
賀茂祭が葵祭と言われるようになったのは江戸時代から。
牛車、衣冠、牛、馬までも葵のはで飾ることからそうよぶようになったそうです。


スポンサーリンク


祭りのみどころ

祇園祭と違って、前日に屋台がでて、大盛り上がり!というようなお祭りではありません。
みどころは貴族の姿をした行列です。
朝10時に京都御所を出発し、下鴨神社に到着、儀式をへて、上賀茂神社へ。
上賀茂神社までは約8キロ。馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台ほか勅使をはじめ、検非違使、内蔵使、山城使、風流傘、斎王代など1キロに連なるの優雅な王朝行列は圧巻です。

京都御所では解説つきでみれます

aoi2013P1170086.JPG
葵祭は御所を出発し、丸太町通り、河原町通、下鴨神社、洛北高校前、北大路、上賀茂神社へとすすみます。その途中どこでも見ることができますが、初めて見るなら御所がおすすめ。
ごめんなさい、だれかわからないけど、写真に写っている方がすべてを解説してくれるので、知識なしでも楽しむことができます。
aoi2013P1170069.JPG
“こちらの装束は阪神タイガースではありません”などややくだけた解説でずっときいていても、なかなか楽しい。
たまに”その持ち方は間違っていますよっ”と指定されている人もいました。どっと笑いが湧きおこりました。
aoi2013P1170070.JPG
いろんな色、かたちをした装束に身を包まれた人が次々にやってきます。
メガネをかけてもいいんですね!
aoi2013P1170074.JPG
牛車2基のうち1基。とてもきれいです。
“現代では1億円かけてもこのような牛車はつくれないでしょう”と解説されていました。貴重なものなんですね。現在残る牛車は、ここ京都にしかなく、皇太子殿下も京都にこられたときには、見て、論文をかかれたほどだそうです。
aoi2013P1170081.JPG
花傘がきれいでした。しかし、重いようで、ちょっとすすんでは交代、ちょっとすすんでは交代。上賀茂神社までいくのは大変そうだな~。
aoi2013P1170084.JPG
よろけている傘もありました。がんばって~。
aoi2013P1170091.JPG
小さなこどもたちも歩いていましたよ。この日、気温が午前中から30度ほどあり、かなりの炎天下。
みているほうも大変ですが、歩いている子はもっと大変そう。
aoi2013P1170092.JPG
こちら、葵祭のヒロイン”斎王代”。
斎王代は、京都ゆかりの未婚女性から毎年推薦で選ばれます。今年は20歳の大学生。斎王代がきているのが、十二単。
aoi2013P1170096.JPG
斎王代の後には、馬にのった女性が次々と。
女性をとりまとめる人みたい。大奥みたいですね。
aoi2013P1170106.JPG
御所の中は人でいっぱい。みんなちょっとでも高いところにのってみようとしています。私もこんなところから写真をとっていました。
有料観覧席は日陰がなく辛そうでしたが、そうでないところは、御所には緑がたくさんあるので、日陰にいけば涼しいと感じます。
aoi2013P1170108.JPG
これが最後の牛車。小さい子も牛をひいています。
行列が御所をでるまでにはじまってから30分以上あったでしょうか?上賀茂神社に到着するまで大変な時間がかかります。

道路の方がより至近距離でみえます

aoi2013P1170113.JPG
最後の牛車が御所をでてから、丸太町通に出て行列をおいかけてみました。
御所よりも普通の道には人がすいていて、最前列でみることも可能です。こちらの女性がきている着物が有名なんだとか。
行列で着ているきものはすべて京都の西陣で織られていて、日本の伝統を肌で感じる祭りだとも言われていました。
よく、祇園祭を動く博物館だといいますが、葵祭も動く伝統芸術ですね。
見どころは着物なのかもしれない。
aoi2013P1170121.JPG
さっきの牛車も至近距離でみることができました。
御所の下が砂利で、趣きのある拝啓も魅力ですが、道路にでると馬の足音などもきこえて、間近でみれるので、両方みたほうが楽しめると思います。
毎年、私の家族、祖父や母などは、上賀茂神社で見ています。
上賀茂、下鴨神社もみどころがあるので、頑張って追いかけてみるのもいいと思います。
【関連記事】
GWに上賀茂神社のくらべ馬・・・葵祭の前儀としておこなわれるもの
 

☆ブログランキングに参加しています☆
参考になったらぽちっと押してもらえるとうれしいです!

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ





スポンサーリンク


トップページへ戻る

京都リスト

カテゴリーリスト

Google+
スポンサーリンク
当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2013「子供と一緒に格安旅行」All Right Reserved-