おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児おむつなし育児のすすめ ≫ 早くとれてよかったこと

-早くとれてよかったこと-

このエントリーをはてなブックマークに追加


早くとれてよかったこと、それはいっぱいありますが一番は親が楽ということです。

今はトイレトレーニングは大変で、こどもが言葉を話してでないと無理という思い込みがありますが、それは育児書の押しつけ的な考えではないかと思います。

実際に昔ながらのトレーニング方法でおむつを一歳前後でとっている人は何人もいます。(参照:0歳だってトイレにチャレンジ)なのになんで育児書には『無理せずゆっくりママに負担のないように』と書かれてるんだろうと母にきいてみたことがありました。

『紙おむつが売れなくなるからじゃない?』というのが母の意見です。

もしかしたら本当にそうかもしれない。。
育児書や育児雑誌には紙おむつも布おむつもとれる時期はかわらない(たしかにそうだけど、やり方にもよると思う)と書かれていて、布おむつを使っていると『無理せず』という言葉がよくでてきます。

これだけたくさんの人が紙おむつを使っていて、実は布おむつで一歳でとったほうが楽ですよ~なんて書いたら売れなくなるよねぇ。。

私にとっては昔ながらのやり方が一番、無理せず負担のないやり方でした。

一歳前にはあまり反抗されることがありません。
『おまるに座ってて』というと興味深くずーと座ってました。

布おむつを使っている私にとって、一回でもおまるでおしっこをしてくれることは一枚でも洗濯が少なくなること。うんちをトイレでしてくれるとおしりにべったりついたうんちをふく手間もなければ、こどもにいやな思いをさせることもありません。

トイレでうんちをするとおしりふきっていらないんです。トイレットペーパーでちょこっとふいて、流すだけ。ゴミもでないし、手が汚れることもありません。

また、一歳前の赤ちゃんに本気で『おしっこもらすな~』と怒ることはまずありません。
できたら『すご~い!よくできたね~』と本気でびっくりしました。歩くこともできない、しゃべることもできない赤ちゃんがトイレでおしっこするんだもの。褒めることしかありません。トイレトレーニングはストレスとよくいわれますが、ストレスを感じずにすることができます。

最初は家でしかできなくても、つぎは補助便座のある近所のスーパーで、つぎはこどもトイレのあるデパートでつぎはお友達の家で。昼間ができるようになったら、夜もと順番にできるところを増やしていくのです。

別に完全にとれなくてもちょっとずつちょっとずつ楽になっていきます。

このちょっとずつ、ちょっとずつできるということが大事だと思うのです。人はいきなり立って歩くことができません。寝返りをしてハイハイをしてつかまり立ちをして伝え歩きをし一人で立つことができ、一歩を踏み出します。
一つできれば『やったね~』と抱きしめてお互いに喜ぶ。

それが子供の自信へとつながるのではないでしょうか。

言葉がでなければおしっこを教えてくれないというのもウソです。
こどもの能力はすごいです。おしっこはトイレでするんだってことを理解するとサインを送ってくれます。うちの子の場合は『うっうっ』という声でしたが、ほとんどの場合、これだけ毎日トイレコミュニケーションをしていれば顔をみればわかります。

実際、私は教えてくれるまえでもほとんど布おむつをぬらさずにトイレに連れていけてました。親子の以心伝心。いい経験になりました。

全ての人におすすめはしませんが、布おむつでがんばっている方、節約にがんばっている方、その継続ができるならこのトレーニングはもっと簡単にできますよ。

身近に自分のお母さんという師匠がおられるであろうと思いますから、きいてみてください。喜んで教えてくれると思いますよ。









トップページへ戻る

おむつなし育児のすすめリスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト



おむつなし育児 あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション【アマゾン】

【セブンアンドアイで探す】



ナチュラルマザリング 「 ビバ! 布おむつ!!」 布おむつから「おむつなし育児」まで全部わかる保存版!【アマゾン】



赤ちゃんにおむつはいらない
【アマゾン】

セブンアンドアイで探す

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-