おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児おむつなし育児のすすめ ≫ 先生はおばあちゃん

-先生はおばあちゃん-

このエントリーをはてなブックマークに追加


育児書のトイレトレーニングの悩み相談を見るとよく、母やお姑さんから『まだおむつとれないの?』ときかれあせります、という内容のものを見かけます。

その回答には、今のトイレトレーニングは『おむつはずし』から『おむつはずれ』という名前にかわってきているとおり、おむつが自然にはずれるようになる時期まで待ちましょうという方法にかわってきています。おむつがはずれる時期には個人差があるのであせらずその子にあわせてゆっくりとやりましょうと答えられています。

あせらず、ゆっくりというのはわかります。しかし本当に3歳までおむつをしていることはこどもにとって幸せなのでしょうか?

これが私の疑問です。
私がおむつを早くとろうと思ったのは母がいっていた言葉がきっかけでした。『この前、お店で「私このオムツがいい」といって持ってくる子供がいたよ。そこまで理解していてなんでおしっこを教えないんだろう?』また、『親戚のうちにいったら「そろそろオムツかえてもらおうか」って言うんだよ。トイレにいくことを覚えたら、トイレに連れてってって絶対言えるはず』という内容でした。なんとなくそれが不自然な成長のように見受けられました。

そこで昔のオムツ&トイレトレーニング事情を母に聞いたのです。

昔ながらのトイレトレーニングとは

①布おむつを利用する。

②おすわりができておまるに座れるようになれたらはじめる。

③一度でも濡れたオムツはすぐに交換。つねにお尻は乾いた状態に。

④自分で決めたペースでいいので、トイレに連れて行く。

などです。
もしも『まだおむつとれないの?』とおばあちゃんに聞かれたら『どうやったら早くとれるの?』と聞いてみてください。おそらく喜んで教えてくれると思います。私にとっては母がいなければトイレトレーニングが成り立たないぐらいのよき師匠でした。









トップページへ戻る

おむつなし育児のすすめリスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト



おむつなし育児 あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション【アマゾン】

【セブンアンドアイで探す】



ナチュラルマザリング 「 ビバ! 布おむつ!!」 布おむつから「おむつなし育児」まで全部わかる保存版!【アマゾン】



赤ちゃんにおむつはいらない
【アマゾン】

セブンアンドアイで探す

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-