おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児おむつなし育児のすすめ ≫ EC(エリミネーションコミュニケーション)

-EC(エリミネーションコミュニケーション)-

このエントリーをはてなブックマークに追加


EC(エリミネーションコミュニケーション)ってご存知ですか?
布おむつからさらに進化したのがEC。おむつなんか不要!という提案です。アメリカで提案されているそうです。『Comfy Baby』さんのHPで知ったのですが、これって私のやり方(おむつなし育児)と一緒?と思い、ついくいついてしまいました。

ECの利点は
 ・赤ちゃんとコミュニケーションがよくとれる
 ・排泄したら取り替える、またはおむつにしないのでかぶれが少なく快適
 ・経済的
 ・親子ともに『おむつを外す』ストレスがなくなる

これも全く同感納得できます。『Comfy Baby』のMIKAさんによるとアメリカでは日本よりも前から紙おむつが主流となり、おむつをはずす時期がどんどん遅くなってきているそうです。中には6歳までおむつがとれないという子までいて問題になっているそう。

そこで、アメリカでは小児学会エキスパートたちの研究により、2、3ヶ月の赤ちゃんがトイレで排泄できる脳力があることも実証されECが広まりつつあるそうです。(Comfy Babyさんの許可を得て引用させてもらいました)

これってミルクにも同じことがいえるのではないでしょうか?

今、母乳育児がみなおされていますが、その昔、私たちが小さかったころにはミルクで育てましょうといわれていたそうです。アメリカの影響を受け、ミルクで・・とすすめてきたところ、やっぱり母乳の方がいいと全世界的にみなおされてきているようです。

そして、やはり日本でも今は母乳育児が主流です。

紙おむつ文化もアメリカにならって、してみたもののすでにアメリカでは問題が起こってきて変換の時期がきているようです。そのうちその波がまた日本にやってくるのではないでしょうか?

アメリカではこのECを研究した論文まであるそうですが、ちょっと待って、日本にはもっとすごいエキスパートがいっぱいいるじゃないですか!

アメリカではもうずいぶん前から紙おむつが主流だったから教えてくれる人がいないのかもしれないけど、日本はつい30年前まではみんながECをやっていたんです。

ECという名前こそしらないもののほとんどのおばあちゃんがやり方を知っているはず。
今、日本にECが広まれば全国のおばあちゃんが大活躍できるのになぁと思います。
やっぱり昔ながらの育児は最先端です。









トップページへ戻る

おむつなし育児のすすめリスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト



おむつなし育児 あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション【アマゾン】

【セブンアンドアイで探す】



ナチュラルマザリング 「 ビバ! 布おむつ!!」 布おむつから「おむつなし育児」まで全部わかる保存版!【アマゾン】



赤ちゃんにおむつはいらない
【アマゾン】

セブンアンドアイで探す

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-