おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児簡単手作りおもちゃ ≫ 子どもの指あみ

-子どもの指あみ-

このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもが5歳になり、あやとりや折り紙が上手にできるようになりました。

ずいぶん器用になったものです。
手作りおもちゃ・・ではないですが、こどもの手作りとしてゆびあみのやり方を紹介したいと思います。

 
 

うちの子は2日で編み上げました。こどもの集中力ってすごいです。ちなみに3歳の娘にもやらせてみましたが、指が細すぎてなかなかすすまないのと、集中力がないので最後までいきつきませんでした(笑)

毛糸選びはいろんな色がまざっていて、太さも太くなったり、細くなったりしているものを選びました。そのほうが網目がめだたないし、色もきれいだから。

寒い冬、外遊びもなかなか難しいので親子で編み物でもやってみてはいかがでしょう?

①利き手じゃないほうの手でやります。
毛糸で輪を作って、親指にかけます。

②長い方の毛糸を人差し指の前、中指の後ろ、薬指の前、小指の後ろにわたし、小指をくるりとまわって・・・・

③薬指の後ろ、中指の前、人差し指の後ろを通って、この写真のように最後の毛糸を前におきます。

④右手(利き手)で③で前においた毛糸を下からくぐりぬけて人差し指にかかっている毛糸をつまんで後ろにもっていきます。

⑤人差し指がおわったら、中指、薬指、小指までやると

⑥毛糸を小指の方から人差し指の方まで、手前にもってきます。今度は小指から同じように編んで行きます。ついついきつくなってしまいがちなので、なるべくゆるめに編んでいきましょう。途中で休憩する場合は手のところに鉛筆などをさしておくとほどけません。ただし、再開するときに表と裏を間違えないように網目を覚えておくか、印をしておくといいです。

⑦編み終えたら、毛糸を指から離して、残った網目の中をくぐらせてくくってしまえばできあがり。端の方にぼんぼりをつけるとさらにかわいいかも。

4本指で編みあげたもので最初はそのまま使っていたのですが、どんどん伸びて、なわとびみたいになってしまったので、その後、ふたつ折にして、間を糸でつなぎあわせました。するとこどもにはちょうどの太さ&長さで使いやすくなりました。
もっともっとやってみたい人は・・・
本を見ていろいろつくってみてくださいね。
by カエレバ









トップページへ戻る

簡単手作りおもちゃリスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-