おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児布おむつのすすめ ≫ 布おむつと紙おむつの比較

-布おむつと紙おむつの比較-

このエントリーをはてなブックマークに追加


布おむつと紙おむつを比較してみました。それぞれにいいところ、悪いところがあります。

布おむつ 紙おむつ
費用

初期投資費用がかかります。

エンゼルのおむつで私が払った費用は新生児用オムツカバー4枚、ラッキーオムツ20枚、ライナー20枚で28,100円。

さらに3ヶ月を過ぎたころからオムツカバー70センチを4枚買い足しました(+8400円)。

うちの子は二人とも細めなのでオムツカバーの買い足しは1回ですみましたが、胴回りが肉付きが良いともっと買い足さないといけないかもしれません。

うちの場合紙おむつは一日1枚か2枚なので、平均どのぐらい使うのかわかりませんが、長女でいいますと左の費用36,500円を一年半使いましたから一ヶ月2,027円の計算になります。

その他にも洗剤や水道代がかかるとしてもおそらく紙おむつだけだともっとかかるでしょうし、最近の平均おむつはずれ時期(2歳半)まで使ったり、二人目にも使用するともっと差はひらきます。

環境

環境にやさしい

ゴミが大量にでる

手間

吸収率がいいといっても昼間長くて3時間が限界(うちの場合)。

しょっちゅうオムツ交換しなければならない。
手家に在庫がなくなるということがないのできらさないという利点もある。

買いに行く、捨てに行く手間がかかる。かなり長い間交換しなくても大丈夫。

肌触り

濡れていないときはこっちの方がさらさら。濡れたときはびしょびしょ。

濡れていないときは布おむつに比べるとごわごわ。濡れたときでも比較的さらさら。

手軽さ

外出のときなど荷物が多くなる

使用済おむつは捨てて帰れるのでお手軽

もれ

もれやすい

もれにくい

おむつはずれ

布おむつだから濡れた感じがして必ず早くとれるということはないです。

でも、早くとれる可能性もあります。 (トイレトレーニング参照)

紙おむつだから遅いということもないです。これは変わらないみたいです。

 

実際布おむつを使ってみて、やはり手間は手間です。でも、しんどいときには無理をせず紙おむつをうまく併用することによっていいとこどりしたおむつ生活を送ることができます。

上の子は1歳半でおむつ生活とさよならすることができました。おむつ生活とさよならすると頻繁に今濡れているかな?と確認することが本当にいいコミュニケーションになっていたと実感できます。

やさしい育児には布おむつがおすすめです。









トップページへ戻る

布おむつのすすめリスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-