おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児シュタイナー教育 ≫ 木のおもちゃ

-木のおもちゃ-

このエントリーをはてなブックマークに追加


シュタイナー教育ではできるだけ木の実、木の枝、貝、石、などをおもちゃの棚に置いて、それぞれのものの本質と感覚を通じて出会うことによって子供の中の本質を育てていきます。

私もこの意見に賛成です。
よくお店にならんでいるプラスチックのおもちゃはこのボタンを押せばこれがでてくるというような決まった遊び方しかできません。
これではせっかくの創造あふれるこども時代を単一化してしまいます。


母がよく言っていました。
『こどもっておもちゃで遊ばないのよ。
お兄ちゃんを連れて実家に帰り、おもちゃが何もないからどうしよう?と思ったら、石鹸箱を車にみたてて「ブーブー」と一人で遊びだしたの』という話をきいてこれぞこどもだ!と思いました。

だから本当はおもちゃなんていらないっとも思うのですが、娘の一歳の誕生日に私が使っていた積み木を母が贈ってくれたとき、やっぱり木のおもちゃっていいな~と実感しました。
天然素材に近いおもちゃは遊び方が決まっていないので、いろいろな遊び方ができます
しかも、30年たってあけてみても木のぬくもりが感じられ、むしろ、30年たったからこそいい色に焼けて、触った後がツルツル光っていて、「これ私が遊んだんだな~」とほほえましく思えました。

お友達の家に遊びにいくと、おもちゃ箱をひっくり返したような子供部屋にでくわすことがあります。

うちの子もそんな家に遊びにいくのは大好き。
でも、これ全部をずーと大事にできるのかな?とふと思ったんです。

プラスチックのおもちゃはいずれ飽きがきます。飽きがきて、いらなくなってそのへんにおいておくとじゃまになります。捨てれば燃えないゴミになります。

その点、木のおもちゃは違います。

もし子供が使わなくなっても棚にかざっておいたらいいインテリアにもなります。うちのように長年保存して、また娘の子にそしてその孫に・・・と引き継いでいければ、木のおもちゃは高いけど、安い買い物だなって思います。(世代を超えたリサイクル

またシュタイナー教育では幼児に選択をさせていないようです。

私もそうしています。というのも、子供の意志って明確ではないみたい。たとえば、こっちのおもちゃとこっちのおもちゃどっちがいい?ときくと決まって派手なまたは好きなキャラクターのついたおもちゃを選択します。
ところが、「これ(シンプルな方を指さして)、○○ちゃん(こどもの大好きなおねえちゃん)が持ってるんだよ」なんていうと、「じゃあこっち!」。

所詮そんなものなら、はじめから私が自分信じるいいおもちゃを選択しようと思ったのです。

私のおすすめするおもちゃ

・積み木
・木や布のおままごと
・本物みたいなおままごと
・指先を使うおもちゃ
・動きを楽しむおもちゃ
・音のでるおもちゃ
・のりもの・三輪車
・モビール
お人形遊び・ドールハウス









トップページへ戻る

シュタイナー教育リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-