おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児シュタイナー教育 ≫ シュタイナーと昔ながらの子育て

-シュタイナーと昔ながらの子育て-

このエントリーをはてなブックマークに追加


私は子育てをはじめて、なんとなく昔ながらの子育ての方がやりやすいんじゃないか、その方が親子にとってストレスならないんじゃないかと思っていたとき、ふと中学の頃に出会った本、『ミュンヘンの小学生 娘が学んだシュタイナー学校 icon』を思い出し、もっとシュタイナー教育について知りたいと思い本をよみあさりました。

そこでなんとなくですが、私がシュタイナーから学んだ特長がこれです。(左のタイトル一覧と同じになってしまいますが、・・・・)

 ・子供の周りに美しいものを置く
 ・抱っこをする
 ・習い事をしない
 ・テレビを見ない
 ・手仕事をする
 ・歌を歌う
 ・毎日昔話を語る
 ・自然食をめざす
 ・子供に何かを贈る
 ・布人形
 ・木のおもちゃ
 ・季節のテーブル

これって昔はあたりまえにしていたこと。

文化が発達していつのまにやら、
電動で子供をゆらしてくれるイスができたり、テレビが子守をしてくれたり、スイッチ一つでいろんなものができたり、歌はCDをかければ勝手にうたってくれ、ご飯もインスタント食品や添加物のものがあふれ、プラスチックのおもちゃがたくさん、食べ物も旬のとき以外でも作れる技術ができて、季節を感じることも少なくなってきた・・という世の中になってしまったのでしょう。

最近では親が楽するグッズがたくさんあります。電動でゆれるイスに座ってテレビが子守をしてくれれば子供は静かにしています。

しかし子供が静かにしていればいいのでしょうか?

大人でも『あたりさわりのない空気のような存在』としてみんなから無視されるのは悲しいことです。

子供って手がかかるもの。
だから手をかけてあげたいと思います。

発達段階にふさわしい子供としての、そのときにしかできない生活、体験そして遊び、これを子どもたちに再び、意識的に取り戻そうということがシュタイナー教育です。

それをよく考えてみると、シュタイナー教育って、日本の昔ながらの子育て法なのかもしれないと思うのです。









トップページへ戻る

シュタイナー教育リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-