おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児季節を楽しむ知恵袋 ≫ 5月

-5月-

このエントリーをはてなブックマークに追加


八十八夜(5月2日頃)

立春から数えて八十八日目。
気候が安定し始めるこの日を昔の人は農作業の始まる目安の日としていました。
『夏もち~かずく八十八夜・・』とも歌われるとおり、八十八夜は茶摘が本格的に始まる日です。お茶は一年に何度も収穫されますが、この時期に摘まれた一番茶は味も香りも最高。八十八夜のお茶は不老長寿の縁起物とされてきました。冬の間にたくわえられてきた成分が一番茶からあふれんばかり。ぜひ新茶を買って飲んでみましょう。

端午の節句

現代では『こどもの日』として祝われる5月5日。
端午の節句はその時期に盛りを迎える菖蒲をふんだんに用いることから菖蒲の節句とよばれています。
菖蒲は古来から健康を保ち、邪気を祓う力があると信じられていました。

菖蒲はいわゆるハーブのようにその葉からでる強い香りが活用されたのです。
5月5日にはこの菖蒲の葉を布袋にいれておふろに浮かべた菖蒲湯に入ります。
菖蒲の成分にはひびやあかぎれを緩和してくれ、また風邪をひきにくくする考えられた知恵なのです。また、沈静作用で緊張をほぐし、リラックスには最適です。

スーパーや花屋でしょうぶを買うとついてくるよもぎにも美しくうるおいの肌をつくってくれ、肩こり、腰痛、神経痛にききます。

春から夏の季節の変わり目、疲れや病気には気をつけなければならない時期です。また、昔は田植えという稲作の最大の要となる行事が行われるため、それに備えて充分な健康を保つ必要がありました。
端午の節句はそんな時期を上手にのりきる昔ながらの知恵がもりこまれているのです。

5月の工作

トイレットペーパーの芯でこいのぼり作り


5月の簡単工作はトイレットペーパーの芯で作るこいのぼり。作り方はトイレットペーパーの芯を新聞紙でくるみ、尻尾のところをモールでくくる。折り紙で飾りをしてできあがり。もっと大きいのを作りたい人はキッチンペーパーの芯を利用しましょう。

端午の節句にまつわるもの

     →初節句のページへ

・よろいかぶと
こどもに災いがふりかからず無事にたくましく成長するようにとの願いをこめてこいのぼりとともによろいやかぶとも一緒にかざられるようになりました。

・こいのぼり
鯉は中国の竜門伝説から(黄河上流の竜門にのぼることができた鯉は化して竜となる/登竜門)こどもの立身出世の象徴とされました。男の子が誕生した家ではこの子をお守りくださいと天の神に守護をねがって、その目印として盛んにあげられるようになったのです。

・柏餅
柏の木は新芽がでないかぎり古い葉が落ちないことから家がたえない、後継者がたえない縁起のいい木と考えられ、5月5日に食されます。

・ちまき

もち米やうるち米を草の葉で包んで蒸したもので、笹ちまきなどがあります、笹には整腸作用があり、健康によい食べ物として考えられていました。

本物を飾らなくても、こういう季節にまつわるものを工作で子供と一緒に作るのはとっても楽しいです。

季節を感じる遊びを子供と一緒にやってみてくださいね。









トップページへ戻る

季節を楽しむ知恵袋リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-