おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児季節を楽しむ知恵袋 ≫ 11月

-11月-

このエントリーをはてなブックマークに追加


どんぐり、落ち葉拾い

公園へいくと、どんぐりがたくさん落ちて、葉っぱがひらひら舞い落ちる季節です。
こどもってどんぐりを拾うの大好きですよね。
どんぐりのたくさん拾える森や公園にいって、子どもと一緒にたくさん拾い集めましょう。拾ってきたどんぐりはおままごとの具材になるし、工作にも使えます。
長くもたせたい場合は一度沸騰した鍋にいれて熱湯消毒すると中の虫をやっつけることができます。


<おすすめ本>

森の工作図鑑〈vol.1〉どんぐり・まつぼっくり

落ち葉とあそんでつくろう,落ち葉で絵をつくろう,落ち葉ハウス,クリスマスマスリースとオーナメントステンドグラス、インテリアのれん、落ち葉のフレームなど秋の工作がたくさんのっています。

落ち葉絵

11月おすすめの工作は落ち葉絵。拾ってきた落ち葉を4~5日押し花のように新聞紙にはさんで重しをするまたは電話帳にはさんで水分をとばします。(色あせ、腐敗を防ぎます)。水分がとんだ落ち葉やどんぐり、木の実、小枝などを木工用ボンドで貼り付けるとかわいらしい落ち葉絵のできあがり。
上の写真は3歳の娘がつくったものですが、とっても楽しそうに作ってましたよ。

他に、拾ってきた葉っぱを画用紙の下に置き、紙の上からクレパスやクレヨンで色をつけると葉っぱの模様が浮き上がってきて版画のようになります。
これもとっても簡単。ぜひやってみてくださいね。

紅葉を見に行こう

子どもと一緒に季節を感じるには日常的な公園でどんぐりを拾うのでも充分ですが、小さい時だからこそ、ちゃんと紅葉を見に行くというのも子どもにとっていい刺激になるのではないでしょうか。地元で紅葉で有名なお寺やちょっとした旅行にでかけてみるのもいい季節です。管理人おすすめの秋の京都はこちらから

簡単手作り季節のお菓子

りんごが安くておいしい季節です。子どもと一緒につくってみませんか?子育て支援センターで教わったレシピです。
3の材料をこねこねするところは2、3歳のこどもでもできて『コネコネコネコネ』といいながら楽しんで作っていましたよ。自分でつくったものならなおさら喜んで食べてくれます。

アップルクランブル
材料 

 りんご
 パイナップル
 バター
 砂糖
 薄力粉
レモン
 シナモン
1個
1~2切れ
大さじ4
大さじ4
大さじ10
適宜
適宜

作り方
 1.りんごは4つ割りにし、薄いくし切りにする。(皮がついているときれい)色止めのため、レモンをふりかける。
 2.パイナップルも小さくカットする。
 3.ボールの中でバター、砂糖、薄力粉を手ですりまぜ、ばらばらのそぼろ状にする。
 4.天板にホイールを敷き、りんごを薄く並べ、パイナップル、2の生地、好みでシナモンをふりかけ230℃で焼き色がつくまで焼く。(トースターで焼くと簡単)あつあつを食べる。









トップページへ戻る

季節を楽しむ知恵袋リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-