おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児季節を楽しむ知恵袋 ≫ 10月

-10月-

このエントリーをはてなブックマークに追加


ハロウィーン(10月31日)
ハロウィンはキリスト教で、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10月31日に行われます。
もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたようです。

ハロウィーン特集【トイザらス】 

「万聖節」は、日本ではお盆のようなもので 過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられています。
やってくる死者を遠ざけるために子供達に変装させて歩かせました。
仮装した子供達が近所の人を驚かせ、’Trick or treat!’(何かくれないといたずらするぞ)といいながらお菓子をもらうようになったのはこれが由来のようです。

ハロウィンの時によくみかけるのがかぼちゃ。かぼちゃをくりぬいたちょうちんは日本でいうお盆のスイカのちょうちんと同じものだそうです。一度つくってみたいと思いますが大変そうなのでうちではかぼちゃのお菓子でもつくって雰囲気だけでも楽しみます。

今月の工作:ハロウィンの仮装・・・ハロウィンのマントの作り方

かぼちゃのケーキを作ってみよう

材料(18cmパウンド型)
バター・・・100g
砂糖・・・・100g
小麦粉・・・100g
ベーキングパウダー・・小さじ1
アーモンドプードル・・・30g
かぼちゃ・・・100g
卵・・・・・2個
レモン汁・・1/2個分
レモンの皮・・1/2個分
ラム酒・・・・大さじ2

あらかじめ小麦粉とベーキングパウダーはふるっておきます。
バターは室温に。カップで焼く時意外は型に溶かしバターを塗り粉をはたいておきます。

かぼちゃを電子レンジでやわらかくし1センチ角に切っておきます。飾り用に少し残しておきます。

バターをボウルに入れ、泡だて器でクリーム状にします。

砂糖を2~3回に分けて入れよくすりまぜます。
卵を割りほぐし、分離しないよう少しずつ5回くらいに分けて加えます。
ラム酒、レモンの皮、汁を加え、アーモンドプードルも加えます。

粉類をもう1度ふるいながら加え、ゴムべらできるように混ぜます。(生地に少しつやが出るくらいしっかりと)

1cm角に切ったかぼちゃを加えつぶさないように混ぜ合わせ、パウンド型か、カップに入れ焼きます。数分焼いたところで、飾りのかぼちゃとくるみをのせて焼き上げます。 焼き時間はパウンド型で170度で30分、カップで20分くらいです。

春に花を咲かせる球根の植え時
チューリップや水仙など春に花を咲かせる球根はこの時期が植え時です。あまりお花の名前をしらない小さな子でもチューリップは’さいた~さいた~チューリップのはなが~’という歌のおかげでよく知っているし、大好きです。

春になってから『チューリップ!』といわれてああ植えといたらよかったというのでは遅いです。この時期にわすれずに植えましょう。春になってから咲いているのを買うという手もありますが、水をやっているうちに芽がでてだんだん大きくなって花が咲くのをこころまちにするのってこどもにとっても楽しいみたいです。ますますお花好きの子になりますよ。









トップページへ戻る

季節を楽しむ知恵袋リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-