トップページ>季節を楽しむ知恵袋>3月



3月

桃の節句 おひなまつり(初節句のページへ)

昔の日本には5つの節句がありました。
 人日(じんじつ)→1月7日(七草がゆ)
 上巳(じょうし)→3月3日(桃の節句)
 端午(たんご)→5月5日(端午の節句)
 七夕(たなばた)→7月7日(七夕祭り)

節句は季節の節目の身の汚れを祓う大切な行事でした。平安時代は上巳の節句の日には薬草をつんでその薬草で身体の汚れをはらって健康、厄除けを願いました。
現代では女の子の健康を祝うひなまつりの日となっています。
豪勢な雛人形をかざらなくても手作りのお雛様やおひなさま、そして桃の枝をかざり、はまぎりのお吸い物にちらしずしでも作って春の気分をあじわいたいものです。

雛人形をかざる時期は2月下旬ごろから。は3月3日を過ぎても飾っていると婚期が遅れるといわれています。はやめに片付けましょう。

桃の節句といわれますが、実際3月3日にはまだ桃は旬の時期とはいえません。これは陰暦でこの日をいうと現在の3月末〜4月中旬の梅が終わり、桜の咲く前、ちょうど桃の花が咲く頃というわけです。風水では恋愛運のことを『桃花運』といい、ピンクの花を東南に飾ると恋愛運が上昇するといいます。また、桃は漢方にも桃の葉エキスなどという女性のお肌によいものがあり、女性にゆかりのある花だといえます。ぜひ飾ってお祝いをしましょう。

簡単手作りおひなさま

3月の工作は牛乳パックで作る簡単手作りおひなさま。作り方は簡単。

牛乳パックを左のようにカットします。左の部分は2面+2センチぐらい。2センチのところは台の前面になります。
右の部分はおひなさまとおだいりさまの顔になります。油性マジックで顔を描き、髪型は折り紙で作ります。下1センチぐらいを折り曲げて台にセロハンテープでつけます。
着物は千代紙をジャバラ折にして半分に折るだけ。真ん中はのりでくっつけます。これを顔の前に同じくセロハンテープでとめて、屏風と台を飾ればできあがり。



春分の日

別名彼岸の中日。彼岸とは春分の日をはさむ前後7日間をさします。極楽のある真西の方角に日が沈むので日没の方向に手を合わせます。
お彼岸には家でも仏壇にお供えをしたり、家族でお墓参りに行ったりします。
ボタンの季節の春のお彼岸にお供えするのがぼたもち。秋はおはぎです。が内容は同じものです。あずきの赤色が災難よけになるといわれ、昔から縁起ものでもありますが、本来は仏壇にお供えするものでした。

ぼたもちをつくってみよう
@もち米1カップに対して水1カップ用意します。

Aもち米をとぎ、たっぷりの水につけて5〜6時間おき、水1カップ(気持ちすくなめ)で炊きます。

B炊けたら、熱いうちにすりこぎであらくつぶします。

C12等分して俵型に丸め、あんこで包み込む。
(あんこはつぶあん300グラム用意します。)

 
つくし摘み

秋はどんぐり拾いをしますが、春は子供と一緒につくし摘みが楽しいです。
私は子供の頃、おばあちゃんと一緒に住んでいたので、つんだつくしを料理してくれました。
はかまをとって洗い、沸騰させたお湯におしょうゆ、みりんなどをお好みで入れて、玉子とじにして食べていました。春の香りを満喫できますよ。










もどる  トップページへ戻る  つぎへ→



季節を楽しむ知恵
・1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

その他のページへ
シンプルライフ
布おむつのすすめ
おむつなし育児のすすめ
母乳のすすめ
シュタイナー教育のすすめ
簡単手作りおもちゃの作り方
おすすめ絵本
おすすめおもちゃ
住まいの知恵袋
身体の知恵袋
時間の節約
インターネット通販のすすめ
子どもと一緒に格安旅行
出産準備で節約
こどものお祝い事
化粧品の節約

iconicon
こどもと楽しむ
にほんの行事ごはん 
icon

お正月のお節料理、七草粥、節分の日のごはん、お節句料理、春の摘み草料理、梅干し作り、お月見のお団子、冬至の日のごはん…おいしくて、簡単で、思い出になる年中行事のごはんレシピ。
自然の恵みと暦をゆったり味わいましょう。

当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C) 2005-2009  「
節約しながら
 やさしい育児」All Right Reserved-