おむつなし育児簡単手作り工作布おむつなどお金をかけず手をかける育児の節約とネットを使ったお得な情報を紹介しています
サイトについて おむつなし育児 時間の節約 掲示板
:節約しながらやさしい育児子どもの記念日 ≫ 七五三

-七五三-

このエントリーをはてなブックマークに追加



七五三 3歳女の子お祝い着物

七五三は3歳、5歳、7歳と成長の節目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りする行事です。

うちは3歳の時、兄の子とうちの子が同い年なので一緒にすることにしました。
母がお宮参りのものと同じく私たちが七五三に着た着物を残しておいてくれたので、兄の子は兄の着物を私の子は私の着物を着てやりました。着物は100年前のものでも着れるといわれています。少しも古い印象はなく、むしろはやりの淡い着物の中に入るとめだって『いい着物ね~』と声をかけていただきました。

まだまだうちの子の子供にも着れそうなので大事にとっておこうと思います。

七五三は何歳でやったらいいの?

かつては数え年の男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と七歳でお祝いしました。
現在では満年齢で男の子が5歳(地方によっては3歳と5歳)、女の子が3歳と7歳でお祝いすることが一般的です。
数え年でやるとまだ幼くてかわいい写真が、満年齢でやるとお兄さん、お姉さんらしい写真がとれるのではないかと思い、うちは満年齢でやることにしました。

神社はどこに行ったらいいの?
基本的には近くの氏神様ですが、現代風ではどこでもかまわないそうです。ただ、子供に着物を着せて移動させることを考えるとできるだけ近いところがいいのでは?と思います。

11月15日にやるの?

11月15日に七五三を祝うようになったのかは、ちゃんといわれがあるそうですが、現在では両親そろっていくなどを考えれば11月の天気のよい土日にいっている人が多いように思われます。

神社には予約するの?

込み合いますから予約してくださいというところと直接きてくださいというところがあるので、事前に電話して問い合わせたほうがいいと思います。

そのときに謝礼の金額も確認しておきましょう。

謝礼支払いかたも神社によってさまざまです。私が行ったところでは受付があり、そこで『○○円です。』といわれ、直接お金を払ったのですが、別の機会でいった違う神社ではそういった受付がなく『お代はこちらで受け取ります』といわれたので、焦りました。
金額も確認してなくて財布の中身は1万円札。その様子をみて『封筒お持ちじゃないのですか?よろしければおつりもでますが。。』といわれ恥をかいてしまいました。あらかじめ金額確認のうえ、封筒も持っていった方がいいと思います。

記念写真はどうする?

写真館やスタジオでの記念写真は当日よりも前にやる方がおすすめです。

当日は神社で慣れない着物を着て歩くだけでも、集中力がとぎれるのに、さらに記念撮影というとかなりきついと思われます。しかし、ママが着物を着たりしていて、一緒に家族写真を撮りたい人などは当日しかありません。そんな人もたくさんいるので、当日は写真館がかなり込み合います。

スタジオによっては早撮りキャンペーンなどをやっていて、9月頃から平日ならさらに安く撮ることができます。または、七五三シーズンが終わってから撮るというやり方もできますが、この写真を年賀状に使いたいと思っているなら、早めにとっておいた方がいいでしょう。

写真館やスタジオで写真をとるのって結構お金がかかります。七五三の思い出をフォトブックに残すっていうのはどうでしょうか?フォトブックなら2000~4000円ぐらいの予算で七五三の思い出がきれいに残せます。

 きものの山喜・・・アンティーク着物調の個性的でかわいい着物が揃っています。
 adakinu Yahoo店・・・アンティーク風、大正ロマン風のかわいい着物があります。
        

お食事会

七五三には、祖父母をよんで一緒に神社にお参りをし、その後、一緒にお食事をしようという家族が多いようです。長女のときには里帰りをして、私の父がその席を設けてくれていたので、楽でしたが、次女のときには夫の方の家族をよんでの七五三でしたので、大変でした。

というのも、二人目だったので、そんなに気をはったところで食事をしなくてもいいかー、それなら、予約しなくてもランチで直接いけるところでいいやーなんて思っていたからです。直前になって、やっぱり心配だから予約しようといろんなお店に電話をかけたところ、どこもここも一杯。

11月はみんなが七五三で同じ考えの人も多いようです。結局電話をかけまくってやっと予約できましたが、前もって予約しておくのが賢明でしょう。



お参り後のお食事会の予約は一休.comレストランで
のんびりランチのすすめもご参考に

我が家の七五三のお祝いはこちら

その他いろいろ

トイレ・・・着付けの直前にトイレをすませましょう。ただし、それからの時間が長いとまた『トイレ~』になります。うちの子は神社でも行ってました。着物をきていてもなんとかなるものです。

草履・・・男の子は特にいやがるようです。兄の子はくつをはいてましたが別によその子を上から下まで見るわけではないので問題はありませんでした。
途中から草履に飽きたうちの子の方が困りました。足袋のまま逃走。いつ飽きてもいいように靴と靴下はもっておいた方がいいかもしれません。

着替え・・・その後食事をする場合は汚すとクリーニングが大変なので着替えを持っていった方がいいです。

ベルメゾンネット









トップページへ戻る

子どもの記念日リスト

カテゴリーリスト

月別過去記事リスト


当サイトの内容・画像の無断転載・複製(コピー)は一切お断りします。
-Copyright (C)2005-2012「節約しながら やさしい育児」All Right Reserved-